色色雑学

PartI 色の見え方と表現方法色色雑学
色相、明度、彩度に目盛りをつけると、色のモノサシ(数値化)ができます。
色彩計とりんごの写真 色彩計を使えば、色の数値化が簡単にできます。

色彩計を使えば、各種表色系で瞬時に答えがでます。数値表示ですから、だれとでも共通にコミュニケーションできます。


りんごの色を測ってみると、次のような数値表示になりました。

図:りんごの色を測ってみると、次のような数値表示になりました。
色の数値化ができると便利だな!

色の数値化の歴史
誰もがもっと簡単に、もっと確実に色を伝え合うために、色彩の経史の中では、さまざまな人々が独自の方法で複雑な計算式を使いながら、色を定量化して表わすことに着目しています。つまり、長さや重さと同じように色を数値で表わす方法を考案したのです。
例えば、1905年米国人の画家アルパート.H.マンセルは、「色相」、「明度」、「彩度」でそれぞれ分類した数多くの色紙を作り、これを目で見比べて分類しながら色を表現する方法を考案しました。
その後、いろいろと検討が加えられ、現在では修正マンセル表色系(一般にはマンセル表色系)として色相(H)、明度(V)、彩度(C)で分類した色票(マンセル色票)を使って、色を記号で読み取ることができます。
また、色や光に関してのさまざまな国際的な取り決めを行う機関として、国際照明委員会が組織され、この国際照明委員会(Commission International de l'Eclairage、略称:CIE)では、色を数値で表わす方法として、1931年にXYZ(Yxy)表色系が、1976年にはL*a*b*表色系が制定されました。
その後、いろいろと改良が加えられ、現在ではこの各種表色系が色彩コミュニケーションのルールとして世界共通で使用されています。

※表色系(ひょうしょくけい):
一般に、物体の色や光源の色を数値や記号で表現する方法を言います。
前のページへ 6/13 次のページへ
PartI 色の見え方と表現方法トップへ PartII 色の正体トップへ PartIII 色の測り方トップへ PartIV 色の用語トップへ PartV 新しい色差式についてトップへ 色色雑学トップへ

ページトップへ戻る