コニカミノルタ インクジェット事業
世界最大の印刷関連国際展示会『drupa2016』に戦略製品を出展

2016年5月11日

コニカミノルタ株式会社インクジェット事業部(以下 KMIJ)は、5月31日(火)~6月10日(金)にドイツ デュッセルドルフで開催される世界最大の印刷・クロスメディアソリューション展「drupa(ドルッパ) 2016」に、インクジェット技術の粋を結集した戦略製品を出展いたします。

インクジェット事業関連の出展概要

1.MEMS技術*を採用した新開発インクジェットヘッドの動態展示


コニカミノルタ
インクジェットヘッド
MC160H /ME130H

新開発のインクジェットヘッドを、drupa2016で動態展示します。このインクジェットヘッドは、KMIJ独自のMEMS 技術を採用し、高解像度・高精度・高速射出特性を持ちながら、幅広いインク対応、さらにヘッド本体のコンパクト化を実現しています。
サイン、ラベル、パッケージ印刷用プリンター開発を構想しているプリンターメーカー様に、KMIJの豊富なインクジェットヘッドのラインアップと共に、様々な出力サンプル事例をご覧頂きながら、次世代のインクジェット技術としてご紹介、ご提案いたします。

MEMS(Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)技術:シリコンやガラスなどの基板の上に微小な機械システムを形成する技術のこと。活用するためには、ミクロン単位の高度な微細加工技術が求められる。

2.インクジェットデジタル印刷機 「AccurioJet KM-1」

コニカミノルタが持つインクジェットヘッド技術・インク設計技術と、電子写真デジタル印刷機で培った高い画像処理技術を駆使したインクジェットデジタル印刷機「AccurioJet (アキュリオジェット)KM-1」を新製品として出展します。

3.【技術展示】パッケージ印刷向けインクジェット方式デジタル印刷機「KM-C」

新製品「AccurioJet KM-1」で構築したインクジェットデジタル印刷技術の横展開として、本格紙器パッケージ向けインクジェットデジタル印刷機「KM-C」を技術展示いたします。
「KM-C」はB1用紙サイズをカバーする最大用紙寸法760×1,060mm、用紙厚0.3-1.2mmまでの幅広い出力用紙に対応し、各種化粧箱や薄段ボール等への高画質印刷を可能にします。

drupa2016について

コニカミノルタグループ ブース(ホール8B ブースA65)
http://drupa2016.konicaminolta.eu/New Window

コンセプト :「YOU and WE」
スローガン:「We enable your business and your customer’s business」
(お客様のビジネスを実現する信頼できるパートナーとなる)

コニカミノルタグループとして過去最大規模となる2,400m2のブースを構え、2016年6月発売のインクジェットデジタル印刷機の新製品 「AccurioJet KM-1」など、商業・産業印刷分野に向けて最新の製品とソリューションを具体的な事例と共に出展します。
ブース内の各コーナーでは、実際のビジネスシーンをイメージして頂くため、印刷会社がクライアントのマーケティングキャンペーンを包括的に受注したという想定で、実運用事例を展示。商業・産業印刷分野に深い知見を持つコニカミノルタグループならではの、印刷業務の革新、事業拡大の可能性を提案します。

ページトップへ戻る