シングルパス方式インクジェットテキスタイルプリンター「ナッセンジャー SP-1」 11月のITMA2015で技術展示

ナッセンジャー SP-1の特長

  • プリントユニットを色数に応じて複数並べて固定し、搬送されるメディア(布)にプリントする、シングルパス方式を採用しました。プリントヘッドキャリッジを往復させてプリントするスキャン方式に比べ生産スピードが飛躍的に向上しました。
  • 従来に比べ小液滴を射出可能な新規ヘッド開発と、独自の射出制御技術により、小・中・大の液滴量を打ち分け、より細やかな表現やグラデーション表現が可能となります。
  • インクジェットヘッドの吐出不良ノズルをセンサーで検知し補完してプリントする機能を搭載するとともに、画像センサーによる濃度補正機能で、すべてのプリントヘッドモジュールを色ごとに均一な濃度でプリントできる状態に調整することを可能にしました。

プリントデモについて

イタリアの販売子会社Konica Minolta IJ Textile Europe(ミラノ・コモ地区)にデモルームを開設して「ナッセンジャー SP-1」を設置し、本年9月より購入検討者にプリントデモを実施します。ご希望の方は下段のリンクよりお問い合わせください。

ITMA 2015について

世界最大の繊維産業機械展示会で、11月12日~19日にミラノのフィエラミラノ(ロー)展示会場で開催されます。コニカミノルタはこの展示会にて「ナッセンジャー SP-1」技術を展示し製品紹介を行います(ブース:Hall18、C108)。また、期間中はKonica Minolta IJ Textile Europeのデモルームにてプリントデモをご覧いただくバスツアーを開催します。

ご質問、ご購入、デモプリント見学などに関するご相談は、下記よりお問い合わせください。

ページトップへ戻る