コニカミノルタは、更なる高解像度化・高速化と幅広いインクへの対応を実現した新インクジェットヘッドを3種類開発し、来春より量産化いたします。

新ヘッドの特長


今回の新インクジェットヘッドはMEMS技術を採用し高密度ノズルアレイヘッドを実現したベンドモード型のインクジェットヘッドです。射出時の速度ばらつき、角度ばらつきをおさえた独自のロバスト設計と独自の材料技術により、小液滴・高精度・高速吐出・液滴サイズ可変・低粘度インクへの対応という特長を持っております。
1200dpiの高画質が求められる商業印刷やラベル印刷市場において、高速化や幅広いインクへの対応などのニーズに応えて参ります。また、PEなどの精密さを求められるような、新しいアプリケーションの展開可能性をご提案します。

製品仕様

  ME130H MC160H ML160H
ノズル数 1024 1024 1024
駆動周波数 Max:100kHz Max:70kHz Max:70kHz
印字幅 21.65mm 43.3mm 43.3mm
インク液滴量 3.0pl 6.0pl 6.0pl
解像度 1200npi 600npi 300npix2色
グレースケール 8階調
インク対応 水系、UV、溶剤、オイル
サイズ(W×D×H) 32×38×65mm 80×29×61mm 80×29×61mm
重量 約60g 約80g 約90g

記載内容は2015年7月現在のものです。 製品仕様は、予告なく変更する場合があります。

*ベンドモード型インクジェットおよびMEMSヘッド加工技術に関しては、下記のページをご参照ください。

*ご質問、ご購入に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。

ページトップへ戻る