世界最大の国際印刷総合機材展『drupa2012』で、
B2枚葉インクジェット印刷機KM-1(開発名称)を技術展示

コニカミノルタIJ株式会社(以下、コニカミノルタIJ)は5月3日(木)~ 5月16日(水)にドイツ デュッセルドルフで開催されます世界最大の印刷メディア産業の国際展示会である『drupa2012』に、株式会社小森コーポレーション(以下、小森コーポレーション)と共同開発をしたB2枚葉インクジェット印刷機 KM-1(開発名称)を技術展示いたします。
近年、商業印刷市場のデジタル化が進展するなかで、コニカミノルタIJはその高度なインクジェット技術と小森コーポレーションの搬送技術を融合し、プロフェッショナルのニーズに応える安定した高画質・高信頼性のインクジェット印刷機 KM-1を開発いたしました。
コニカミノルタIJは、『drupa2012』のコニカミノルタグループブース(Hall 8B 、B78)にてKM-1のライブデモを行うとともに、各種プリントサンプルを展示いたします。
KM-1の最新の技術をご覧いただくこの機会に、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

主な特長

  • 新開発UVインク、新開発高性能ヘッドを搭載
  • 独自のプロセス技術と小森コーポレーションの搬送技術を融合し3300SPH(片面)の生産性で、オフセット品質に迫る高品質を実現
  • コート紙、非コート紙、アート紙などの印刷本紙にプレコート、ポストコートなしに印刷が可能
  • UVインクのため印刷後すぐに後工程へすすむことが可能で効率的な生産に貢献
  • 正確な紙搬送と独自のインクジェット技術により、常に同品質の印刷物を安定して生産
  • デジタルならではの簡単オペレーション、簡単メンテナンス

KM-1(B2枚葉インクジェット印刷機)の主な仕様

両面機(両面/ 片面自動切替)
解像度 1200dpi/1200dpi
インク HS UV インク *1
色数 4色機、 将来5色機、6色機を予定
印刷速度 3,300SPH(片面印刷時)
1,650SPH(両面印刷時)
紙サイズ 530mm × 750mm~280mm × 400mm
紙厚 0.06mm~0.45mm(0.6mmまで対応予定)
印刷可能紙 コート紙、非コート紙、アート紙、特殊紙
バリアブルプリント可能
装置寸法 W 2700mm × L 5000mm × H 2400mm
装置重量 6,800kg(付帯装置除く)
*1
HS: High definition, Singlepass
(高精細シングルパス印刷用途に開発したUVインク)

お問い合わせ先
コニカミノルタIJ株式会社 事業推進部
042-589-3701
ijpress@konicaminolta.jp

ページトップへ戻る