プリンテッドエレクトロニクス用途初、微小液滴・高精度インクジェットヘッドを新開発

コニカミノルタIJ株式会社は、コニカミノルタとして初のMEMS技術を用い、プリンテッドエレクトロニクス用途初の、微小液滴1pl(1ピコリットルは、1兆分の1リットル )で吐出できる高精度インクジェットヘッドを新開発いたしました。今春よりサンプル販売を開始(予定)いたします。

KM128SNG―MBの主な特長

  • 半導体プロセス技術を用いたシリコンMEMS技術を採用
  • プリンテッドエレクトロニクス用途初、1plの微小液滴
  • 38mm幅、1列、128ノズルの高精度微細ヘッド構造
  • ノズル毎の精密駆動による高精度で安定した吐出
  • 工業用途で優れた耐インク性、低粘度インクでの射出適性
  • 均一な薄膜塗布(100nmレベル)が可能
  • 専用DPN(Drive Per Nozzle)駆動ボード、評価装置を用意

主な仕様

液滴サイズ 1pl (ピコリットル)
ノズル数 128(1列)
印字幅 38mm
最大駆動周波数 15kHz
ノズル間隔 300μm
本体サイズ 67mm(W)× 40mm(D) × 70mm(H)
本体重量 約55g
インク適用粘度 1-5 mPa•s

主な用途

有機ELディスプレイ製造のパターニング、有機EL照明の薄膜層コーティング、高精度ディスプレイ製造用途(スマートフォン、フレキシブルディスプレイ等)

ページトップへ戻る