KM512 シリーズ

オンデマンドピエゾ方式の産業用インクジェットヘッド。
高品質、高精細、各種インクに対応、コンパクト設計。

KM512 シリーズ

様々なお客様のニーズに対応する産業用インクジェットヘッド

特長

シェアモード型、オンデマンドピエゾ駆動方式のインクジェットヘッドです。

オンデマンドピエゾ方式とは、ピエゾ素子に電圧を加え歪ませ、そのピエゾ素子で構成したインク室に発生する圧力を利用してインクを射出します。
シェアモードタイプの圧電素子を採用しているため低電力駆動が可能です。また、多チャンネル化が容易で高駆動効率が特長です。

512ノズルの多ノズルヘッド、360dpiの高解像度。

512個の高密度ノズルヘッドにより、360dpiの高解像度を実現しました。 インク液滴量は、Lタイプ(42pl)、Mタイプ(14pl)、Sタイプ(4pl)の3種をご用意しております。M、Sタイプには、グレースケール機能を搭載していますので、階調性のある豊かな描画が可能です。

溶剤インク、UVインク、オイルインクなど各種インクに対応

ピエゾ方式は、サーマル方式のように使用インクが限定されません。各種インク(溶剤、UV、オイル等)での使用が可能です。UVインクのような高粘度インクには、ヒーター付ヘッドをラインアップしています。 ヘッドの構成材料は、耐インク性のある材料を採用しています。

コンパクトでライン化しやすいヘッド設計

ヘッド取付けやキャリッジ設計がしやすく、コンパクトな外観がヘッドのライン化設計をより容易にしています。
512シリーズは(下図参照)、どのタイプも同一の形状ですのでヘッドの交換搭載が可能です。

溶剤用 大液滴(35pl) タイプを追加ラインアップ

ノズル中心部に凹形状にしました。これにより、ノズルプレートを保護します。また各種溶剤インクに対応します。

ページトップへ戻る