「drupa2008」出展のご案内

コニカミノルタIJ株式会社(本社: 東京都日野市、社長: 大野 彰得、以下「コニカミノルタ」)はドイツ、デュッセルドルフで開催される世界最大規模を誇る印刷産業総合見本市「drupa2008」(開催期間: 5月29日~6月11日)に、『環境に配慮した技術、性能をもった、より身近なインクジェット』をコンセプトに出展いたします。

コニカミノルタIJブース(Hall4, Stand No. 4F24)では、ラベル印刷、商業印刷業界向けに、新開発のインクジェットヘッド、およびそのヘッドを搭載したフルカラーシングルパス技術について、初公開いたします。また、今月新発売したバーコード、ラベル印刷に最適な高解像度のインクジェットプリントユニットを展示するほか、各種インクジェットヘッド、インク、ヘッド評価ボード、および最新のインクジェット技術もご紹介いたします。

新開発インクジェットヘッド『KM1024』 ・・・・・参考出品

『KM1024』は、コニカミノルタが次世代産業用インクジェットヘッドとして、新開発した1024個のノズルをもつ、オンデマンドピエゾ駆動方式のインクジェットヘッドです。
この新開発の『KM1024』は、現在産業用インクジェットヘッドとして好評いただいております『KM512』シリーズの2倍に相当する1024個のノズルを有し、現行の『KM512』に比べ、ヘッド幅も2倍の72mmと長尺化することで、大幅に生産性を向上いたします。 長尺化以外にも、新アクチュエーター構造の開発により圧電効率を高め、より低電圧での駆動が可能となり、消費電力の節約に寄与します。また新ICの搭載により、8階調での印字を可能といたしました。この多階調化により、更なる高画質を実現いたします。本体サイズはスリムに設計されていますので、多数ヘッドを印刷装置に搭載する場合にも、印字部をシンプルかつコンパクトに設計にすることが可能です。また幅広い産業用途にご利用いただけるよう、溶剤、油性、UVインク、水系インク等の各種インクに対応いたします。

主な特長

  • 1024個の多ノズル、ヘッド幅72mmの長尺ヘッドにより、大幅に生産性を向上
  • 新ICの搭載により、360dpix360dpiで8階調での印字が可能で更なる高画質を実現
  • 低電力での駆動が可能な省エネルギー設計
  • スリムな筐体(幅131mm、奥行17.5mm、高さ90mm、重さ約150g)のためコンパクト設計が可能
  • 溶剤、油性、UV、水系インク等各種産業用インクに対応したタイプをラインアップする予定

フルカラーシングルパス技術を応用したインクジェットプリントの実演・・・・・初公開

新開発したインクジェットヘッド『KM1024』を搭載した、フルカラーシングルパス方式のインクジェットプリントユニット『SP-S0720 Color』(参考出品)にて、ラベル印刷分野でご要望の多い、オンデマンドカラーラベル用途のプリントの実演をおこないます。『KM1024』インクジェットヘッドは、プリントヘッド幅を従来の2倍とした事で、4ヘッドのみでも72mm幅のシングルパス・フルカラー印刷機の開発が可能となります。また、シングルパス方式により、従来のスキャン方式に比べプリント速度を格段に高速化する事が可能となります。

主な特長

  • 新開発のインクジェットヘッド『KM1024』を搭載
  • 多品種、少ロット生産に適した、版レス、可変カラー印刷が可能
  • 72mmプリント幅、20m/分の高速プリントを実現
  • 360dpi、8階調の高画質フルカラー(C,M,Y,K)
  • 高安全性、低臭気、環境に配慮したカチオンUVインクを使用
  • 紙メディアだけでなく、PETなど各種メディアに対応

用途:高解像度を必要とするナンバリング、高精細バーコード等の追い刷り印刷

インクジェットプリントユニット 『SP-M0320HR』 ・・・・・新発売

『SP-M0320HR』は、昨年発売いたしましたインクジェットプリントユニットシリーズの第二弾として、720dpiの高解像度を実現したモノクロインクジェットプリントユニットで、これまで再現しにくかった細かい文字や小さいバーコードなどの印刷を可能にしました。この製品は、コンパクト設計のプリントヘッド部、中間タンク、インク供給部の3つのユニットで構成されているため、お客様の設置スペースに応じてレイアウト変更が可能です。インクは、コニカミノルタが独自で開発したカチオンUVインクを採用しました。これまでのUVインクに比べ、より安全で、臭気もほとんどなく、取扱いが一層向上した新しいタイプのUVインクです。印刷速度は、シングルパス印字方式により、毎分20mの実用的な速度を確保し、効率の良い生産性を実現いたします。またインクジェットに必要なメンテナンスもパソコンの操作画面に沿って、簡単にできるように設計されています。プリントヘッド部には、産業用インクジェットヘッドとして、多くの実績をもつ、シェアモード型オンデマンドピエゾ方式の『KM512』が搭載されています。コニカミノルタの独自のヘッド技術により、省エネルギーなど環境にも配慮しています。また、UVインクの採用により、幅広い商業印刷用途のラベルに対応できます。インクジェットは非接触で版が不要のため、多品種、少量、短納期、可変印刷等お客様の様々なニーズに対応することができます。

主な特長

  • 720dpiの高解像度。小文字や細かいバーコードを正確に再現
  • 毎分20mの高速プリントを実現(プリント幅:36mm)
  • 高安全性、低臭気の環境配慮型カチオンUVインク(黒)を採用
  • インクジェット方式のため、多品種、少ロット、可変印刷に対応
  • コンパクトで3つのユニットに分かれているため、装置組込み時にレイアウト変更が可能

用途:高解像度を必要とするナンバリング、高精細バーコード等の追い刷り印刷

インクジェットプリントユニット 『SP-L2130』

『SP-L2130』は、昨年秋に発売したモノクロ用インクジェットプリントユニットです。ラベル印刷に必要な360dpiの印字品質で、A4幅(213mm方向)に、毎分30m、の高速印刷を実現しました。この製品は、プリントヘッドユニット、インクユニットで構成され、一体になっておりますが、お客様の設置スペースに合わせて、ヘッドとインクのユニットを別々に設置することも可能です。プリントヘッド部には、産業用インクジェットとして高い信頼性のある、KM512ヘッドが複数搭載されています。このプリントユニットには、コニカミノルタが開発した、カチオンUVインク(黒)を純正インクとして搭載しています。これまでのUVインクに比べ、より安全で、臭気もほとんどなく、取扱いが一層向上したUVインクです。またインクジェットに必要なメンテナンスもパソコンの操作画面に沿って、簡単にできるようになりました。各種メディアにプリントすることが可能で、商業印刷用途の様々なラベルに対応できます。インクジェットは非接触で版が不要のため、多品種、少量、短納期、可変印刷など様々なニーズに対応することができます。

主な特長

  • 毎分30mの高速プリント、標準解像度360dpi、高い生産性、高品質を実現
  • 最大印字幅213mm(A4サイズ)までのプリント幅に対応
  • 高安全性、低臭気のカチオンUVインク(黒)を搭載
  • インクジェット方式だから多品種、少ロット、可変印刷に対応
  • プリントヘッド部とインク供給部を一体化した装置組込み用プリントユニット

用途:標準的な品質が必要なバーコード、ラベル印刷用(213mmまでの多面付け印刷に対応)

フルカラーシリアルスキャンニング技術を応用したインクジェットプリントデモ 初公開

カラープルーフ、パッケージやグラフィックポスターなどの印刷に適した、フルカラーインクジェットプリンター『KMIJ-X Printer』を参考出品いたします。プリントヘッド部には、産業用インクジェットヘッドとして、多くの実績をもつ、シェアモード型オンデマンドピエゾ方式の『KM512』が搭載されています。

主な特長

  • オンデマンドピエゾ、シリアルスキャニング方式
  • 最大印字幅 44インチ、プリント解像度 720dpi/1440dpi等
  • 高性能KM512ヘッド搭載(512ノズル、4pl、7dpd)等
  • 高品質で環境にも配慮したコニカミノルタ製カチオンUVインク(Y,M,C,K)搭載等
  • 適合メディア アート紙、コート紙、塩ビ、合成紙等

カラープルーフ、パッケージ、グラフィックポスターなどの印刷

その他の産業用インクジェット製品

産業用各種インクジェットヘッド『KM512』および『プリントバー』

高解像度、高速駆動かつコンパクトなデザインを特長とした、オンデマンドピエゾ方式による産業用インクジェットヘッドを展示いたします。シェアモードタイプの圧電素子を採用しているため低電力で駆動することができます。高密度多ノズルにより、高精細で階調性のある豊かな描画が可能です。また、溶剤インク、紫外線硬化型インク、オイルインク等各種産業用インクに対応するモデルを取り揃えており、コンパクトな外観のため、ライン化しやすい設計にもなっています。

産業用インクジェットインク、『カチオンUVインク』、『溶剤インク』

産業用インクジェットインクに求められる、鮮やか発色、色再現、耐久性はもとより、インク材料の安全管理を十分に行い、高安全性、低臭気の環境を配慮し開発されたインクです。

産業用『インクジェットヘッド評価ボード EB100』

『インクジェットヘッド評価ボード EB100』は、コニカミノルタインクジェットヘッドを動かすための専用コントローラーで、産業用インクジェット装置の開発、評価、実験などに役立ちます。ヘッドと合わせてご購入いただければ、ヘッドの各種評価やヘッドとインクとのマッチング検討、実際の印画品質の確認などが容易にでき、開発工数の削減や開発期間の短縮にもなります。

ページトップへ戻る