「第25回日本乳癌学会学術総会」(会場:福岡)出展のおしらせ

コニカミノルタジャパン株式会社は、平成29年(2017年)7月13日(木)~15日(土)に福岡国際会議場で開催される「第25回日本乳癌学会学術総会New Window」にて機器展示をいたします。

機器展示では、マンモグラフィ画像診断ワークステーション「NEOVISTA I-PACS MAMMO SERIES」、マンモグラフィ診断支援装置「NEOVISTA CAD typeM」、超音波診断装置「SONIMAGE HS1」、「Aixplorer」、乳がん小線源治療用アプリケーター「SAVI(サヴィ)」をご紹介いたします。

日本乳癌学会学術総会にご参加の際には、是非弊社の機器展示ブースにお立ち寄りください。

「第25回日本乳癌学会学術総会」は終了いたしました。
展示ブースへ多数のお客様のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

「第25回日本乳癌学会学術総会」開催概要

会長 岩瀬弘敬 先生
(熊本大学大学院生命科学研究部 乳腺・内分泌外科学分野 教授)
会期 2017年(平成29年)7月13日(木)~15日(土)
会場

機器展示概要

機器展示期間 2017年(平成29年)7月13日(木)~15日(土)
機器展示会場 福岡国際会議場 2F 展示会場 小間番号24

展示機器

NEOVISTA I-PACS MG

「撮影」から「読影」まで、すべてのワークフローを提供するマンモシステムです。

NEOVISTA I-PACS CAD typeM

コニカミノルタ独自のアルゴリズムに基づくマンモグラフィ診断支援装置です。

SONIMAGE HS1

第45回(2015)機械工業デザイン賞「日本デザイン振興会賞」、2014年度Good Design受賞。高画質、操作性、移動性を追求した、いままでとは違うスタイルの超音波診断装置です。

Aixplorer

組織の弾性を定量的に測定することができる先進的な製品として、高い評価を得ている超音波診断装置です。

SAVI

SAVI(サヴィ)は、乳がんの小線源治療用のアプリケーターです。SAVI(サヴィ)を用いた「加速乳房部分照射」では放射線治療の期間を大幅に短縮することができます。

ページトップへ戻る