「第1回 医療ITソリューション展」(会場:大阪)出展のおしらせ

コニカミノルタヘルスケア株式会社は、2016年2月24日(水)~ 26(金)に大阪のインテックス大阪で開催される「第1回医療ITソリューション展New Window」に出展致します。
会場では、地域医療連携の輪を広げるinfomity「連携BOXサービス」、胸部経時差分処理/ infomity Bone Suppression処理(胸部骨減弱処理)を展示いたします。

「医療ITソリューション展」にご参加の際は、是非弊社のブースにお立ち寄りください。

「第1回 医療ITソリューション展」は終了いたしました。
多数のお客様のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

「第1回 医療ITソリューション展」開催概要

主催 リード エグジビション ジャパン 株式会社
会期 平成28年(2016年)2016年2月24日(金)~26日(金)
会場

展示概要

展示期間 2016年2月24日(水)~26日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00で終了)
展示会場 インテックス大阪 / 5号館20-45

展示機器

画像診断ワークステーション「NEOVISTA I-PACS EX2 (ネオビスタ アイパックス エグザ ツー)」

コニカミノルタの最新の技術を搭載し、医療を強力にサポートするサーバー&ビューワーシステムです。

クラウド型データ連携サービス「infomity連携BOX」

連携したいデータを自由に共有・活用。さまざまな課題解決に貢献する”次世代ヘルスケアICTサービス”です。

「infomity胸部経時差分処理」

種々の病態が存在する胸部単純X線画像における病変の「変化をみる」という基本的な読影をサポートするツールです。

「infomity Bone Suppression処理(胸部骨減弱処理)」

  • 「infomity Bone Suppression処理(胸部骨減弱処理)」

胸部画像から肋骨や鎖骨を画像処理により減弱します。肺野にある、骨に重なった病変が見やすくなり、診断精度の向上や時間短縮が期待できます。

ページトップへ戻る