「日本ペインクリニック学会 第49回大会」(会場:大阪)出展のおしらせ

コニカミノルタヘルスケア株式会社は2015年7月23日(木)~25日(土)にグランフロント大阪で開催される「日本ペインクリニック学会 第49回大会New Window」に出展いたします。

今回ご紹介する超音波診断装置SONIMAGE HS1 は従来の穿刺針強調表示機能に加え、さらに穿刺針が見やすくなるステア機能を搭載いたしました。コンソールはボタンが少なく、タッチパネルで直感的に操作できるので、どなたでも簡単にご使用いただけます。
画質を落とさずに穿刺針を見やすくさせることで、日常診療の中での穿刺(超音波ガイド下の神経ブロックなど)の強い味方として使用して頂くことが可能になります。SONIMAGE HS1は日々進化し続けておりますので、是非、会場併設展示ブースにて実際にお試しください。
*穿刺針強調表示機能【Simple Needle Visualization 機能】は独自の画像解析処理技術により穿刺針と推定される変化を認識して画像上に穿刺針強調表示を行う機能です。

「日本ペインクリニック学会 第49回大会」は終了いたしました。
多数のお客様のご来場をいただき、誠にありがとうございました。

「日本ペインクリニック学会 第49回大会」開催概要

会長
  • 森本昌宏 先生(近畿大学医学部麻酔科学講座)
会期 平成27年(2015年)7月23日(木)、24日(金)、25日(土)
会場

機器展示概要

展示期間 平成27年(2015年)7月24日(金)~25日(土)
展示会場

展示機器

SONIMAGE HS1

2014年度Good Design受賞。高画質、操作性、移動性を追求した、いままでとは違うスタイルの超音波診断装置です。

SONIMAGE HS1

携帯性に優れているため、検査室以外に、在宅医療や災害現場などの様々な場所で使用することができるポケットエコーです。

ページトップへ戻る