超音波診断装置

SONOVISTA FX premium edition
認証番号:222AIBZX00032000

経腟エコー、新たなステージへ
産婦人科専用機として、内診室のスタンダードとして、
SONOVISTA FX premium editionが経腟エコーを新たなステージへと導きます。
スマート設計と使い慣れたワークフローに加えて、高画質・広角表示の画像が
効率のよい検査を、そして快適で優しい検査環境を産婦人科診療に提供します。

特徴

広視野を一度に観察 220°表示

SONOVISTA独自のメカニカルセクタプローブに加え、経腟用コンベックスプローブにおいても220°のワイド表示*が可能で腟内でプローブを大きく動かさずに広い視野を一度に描出します。
また、小型なプローブ先端形状により患者様に痛みの少ない快適な検査を提供します。
*TVプローベA、EC9-4wで対応

内診室サイズのコンパクト設計

スマートな本体テザインとコントロールパネルの左右90°回転により、狭い内診室にもすっきり収まります。
モニタ・コントロールパネルの上下昇降機能も備わっておりさまざまな検査体勢に対応します。


コントロールパネルは左右に90°(写真は±45°)回転、上下は10cm昇降します

診療をサポートする走査モード

コンパクトな本体にカラー・パワードプラ、パルスドプラも搭載しました。
微細な血管の血流も感度よく描出でき、悪性腫瘍の診断や鑑別診断の精度向上に貢献します。

充実のデータマネジメント機能

胎児の発育管理に必要な成長曲線、Deviationグラフの表示や計測レポートのサマリ自動作成機能に対応しています。 また、DICOMサーバーへの画像・計測データの転送*はもちろんのこと、USBメモリへの画像の直接保存や簡易ネットワークへの画像転送も容易です。 カードリーダー*やバーコードリーダー*も接続可能で、患者情報の登録時にも便利です。
*オプション

仕様・スペック

プローブ仕様

プローブ形状
名称 リニアプローブ 7.5L40A コンベックスプローブ 5.0C50A 体腔内プロープ TV-A
認証番号 21600BZZ00191000 21600BZZ00211000 21600BZZ00210000
プローブ形状
名称 体腔内プロープ EC9-4w
認証番号 222AIBZX00032000

本体仕様

一般的名称汎用超音波画像診断装置
販売名超音波画像診断装置 ソノビスタ FX
認証番号222AIBZX00032000
クラス分類管理医療機器(ClassⅡ) / 特定保守管理医療機器
走査方式 メカニカルセクタ走査、電子コンベックス走査、電子リニア走査
モード B、M、Color、Power、PWD、CWD
モニター 15インチ液晶フラットパネルディスプレイ
サイズ W 389mm × D 543mm × H 1278~1378mm
電源 AC100V、50 / 60Hz、最大5.5A
質量 約70 kg
改良のため、仕様および外観は予告なく変更する場合がございます。
ご使用の際は添付文書および取扱説明書を必ずお読みください。

ページトップへ戻る