Aixplorer

SuperSonic Imagineの最上位機種「Aixplorer(エクスプローラー)」がバージョンアップして新登場。さらに高精度になった診断能で、疾患の早期診断に貢献します。

Angio PL.U.S. - PLanewave UltraSensitive™imaging : 低速血流を高感度イメージング

  • 低速血流を高感度にイメージングする機能です。血流と組織の分離において、速度だけでなく、時空間データの解析により(3D Smart Wall Filter)、従来のドプラ法では困難であった低速血流と組織の分離を実現します。
  • 表示モードとして、RT(リアルタイム)モードとHD(高解像度)モードがあります。RTモードでは、関心領域を拡げてもフレームレートは低下しませんので、広い視野で血流を観察できます。HDモードは、2-3秒のデータ取得後に高解像度の血流イメージを表示します。RTモードで血流を確認した後、高解像度の血流イメージを記録として残したい場合に有用です。
  • アプリケーションとして、肝臓・乳腺・甲状腺などの腫瘍に入り込む微小血管や筋肉・腱などの炎症の早期把握や治療効果判定などが期待されます。

左が従来のドプラ法、右がAngio PL.U.S.です。FNH(限局性過形成結節)特有の車軸状の血流パターンを造影剤を使用しないで確認できます。

従来法のWall Filter
速度で分離しますが、低速血流と組織の分離が困難です。

Angio PL.U.S.の3D Smart Wall Filter
時空間データの解析により低速血流と組織を分離します。

ShearWave™Elastography : 生体を圧迫することなく、組織の弾性を定量的に測定

  • 生体内を伝搬する剪断波( シアウェーブ)を用いて生体組織の弾性を定量的に測定。数値(kPa, m/s)とカラーマップ画像でリアルタイムに画面に表示します。
  • プローブで生体を圧迫することなく組織弾性を数値化できるため、検査の手技や習熟度に依存せず、再現性が高く安定した検査を可能にします。
  • 従来モデル(Ver.5)より時間分解能が向上。組織弾性のカラー画像の更新速度が速いため、より細かい病変や疾患の見落としを抑止します。


病変部に硬い領域が認められます。

UltraFast™ Imaging : 高速画像処理で滑らかな血流のカラー動画像を提供

  • シアウェーブをキャプチャーするための超音波を全ての振動子から同時に送受信し、取得したデータをソフトウェアでパラレル処理。これにより1 秒間に最大20,000 枚の画像取得を可能にしました。
  • 滑らかなカラー動画像上で、これまで見ることのできなかった複雑な血流をより詳細に観察することができます。また、複数点のSpectral Doppler による複合的な血流診断も可能になります。
  • 測定したデータを動画として保存することで、ポストプロセス処理による計測が可能になり、医師に新しいワークフローを提供します。


滑らかなカラー動画により、速い血流と遅い血流、パルスの状態を詳細に観察することができます。

SuperCompound™ SuperRes™ TissueTuner™ : ノイズを減少させ、高精細画像を表示

  • 最大9つのビームアングルで送信された超音波をソフトウェアによってすべてキャプチャーし、1つの画像に合成する「空間コンパウンド法」により、ノイズを減少させ、コントラスト分解能を改善するSuperCompound™ を搭載。
  • 4段階のフィルター処理によりノイズを抑えて画質を向上させるSuperRes™、検査対象の組織に合わせて音速を5段階に補正する TissueTuner™ など、さまざまな卓越した画像処理技術の搭載により、高画質な画像を実現します。


高い分解能で深部まで描出します。

製品についてのお問合せはこちら アフターサービスについてはこちら メールでお問合せ カタログ請求 新規開業メールお問合せ

ページトップへ戻る