マンモグラフィ

ヘルスケア

I-PACS MAMMO SERIES

読影サポート機能 ~読影環境をさらにサポート~

マンモグラフィのソフトコピー診断をストレスなく読影し運用していただくため、多彩な機能をとりそろえております。

ハンギングプロトコル ~読影者のスタイルに応じた表示をカスタマイズ~

読影者の好みに合わせた読影ワークフローをプリセット可能。ボタン操作のみでガイドラインに則った効率的な読影が可能です。

高速表示 ~高画質画像を高速表示~

ピクセルサイズ80㎛前後のマンモDRから、43.75㎛の高精細マンモCR、25㎛のPCMシステムの超高精細画像まで、緻密な画像データをストレスなく瞬時に表示します。情報量の多いマンモグラフィ画像を軽快なハンドリングで読影することができます。

15MsPモニタを採用 ~高画質画像を超高解像度・高精細表示~

サブピクセル独立駆動可能な500万画素モニタの採用により、超高精細表示(ピクセルピッチ55㎛)が可能になりました。初期表示での画素間引きが少なく、微細な形状もより忠実に表現することが可能です。

読影を支援するCAD表示 ~簡単なボタン操作で見やすいCAD表示~

納得の検出性能と読影に優しいCADマーキング表示を採用し観察ストレスを大幅に軽減できます。

レポートシステム ~マンモグラフィ専用レポートシステム(オプション)~

  1. マッピング機能
    アノテーションつきの画像をレポートにマッピングすることにより、レポート上で病変の位置が正確に把握できます。
  2. 最小限の視点移動
    読影画面上に表示される所見入力ダイアログをクリックするだけでレポート作成が完了。視点の移動を最小限にすることにより読影レポート作成のストレスが大幅に軽減できます。
  3. マンモグラフィガイドラインに準拠
    (社)日本医学放射線学会/(社)日本放射線技術学会編集のマンモグラフィガイドラインに準拠したレポート入力が可能。

  • 新規開業医様向け
  • infomity
  • ピンクリボン運動
  • メディカルネットワーク

製品情報

ページトップへ戻る