マンモグラフィ

ヘルスケア

NEOVISTA I-PACS CAD typeM

本体仕様

  マンモグラフィ診断支援装置  NEOVISTA CAD typeM
一般的名称 X線画像診断装置ワークステーション
販売名 マンモグラフィ診断支援装置 NEOVISTA CAD typeM-2
承認番号等 21200BZX00278000
クラス分類 一般医療機器(ClassⅡ) / 特定保守管理医療機器
製品仕様 接続可能装置(入力) CR / DRコンソール(CS -3/CS - 5/CS -7/他※1 )標準1台(最大4台)
接続可能装置(出力) I-PACS SX 2 /EX3(マンモオプション)、汎用画像診断装置ワークステーション※2 最大3台
CAD処理可能画像 PCM画像(Pureview、Mermaid)、CRマンモ画像(Cプレート)、FPDマンモ画像※3
本体仕様 CPU Intel Xeon E3 -1225 v5、3.3GHz
メモリ 8GB
OS Windows10 IoT Enterprise 日本語版
HDD(データ保存領域) 約300GB
ネットワーク Ethernet 100BASE-TX /1000BASE-T
外形寸法(W×D×H) 70×442×399mm
重量/電源 約10.0㎏ / AC 100V 約90W(通常)約164W(最大)
設置環境 周波数 50Hzまたは60Hz
周囲温度 10℃~35℃(結露しないこと)
  • ※ 上記の仕様は性能向上のためお断りなく変更することがあります。
  • ※ NEOVISTA I-PACS CAD typeMは、マンモグラフィ診断支援装置 NEOVISTA CAD typeM の呼称です。
  • ※1 当社にて接続検証済みの機種に限ります。
  • ※2 DICOMで規定された通信プロトコルにより、本製品から出力されるマーク付画像を表示できる機能を有するものに限ります。
  • ※3 当社にて処理検証済み機種の画像に限ります。
  • 製品についてのお問合せはこちら
  • アフターサービスについてはこちら
  • メールでお問合せ
  • カタログ請求
  • 新規開業メールお問合せ
  • 新規開業医様向け
  • infomity
  • ピンクリボン運動
  • メディカルネットワーク

製品情報

ページトップへ戻る