医用画像情報システム

ヘルスケア

I-PACS SX 「医心伝承」~想いをつなぎ、未来を描くPACS~ 院内から地域医療へシームレスな情報共有を実現、医療の質の向上に貢献する先進のPACSです。

画像ハンドリング機能

画像展開は、過去画像・レポートも含めた独自の画像ハンドリングロジックを採用し高いパフォーマンスを実現。各種読影用機能が組み合わされ、快適な読影環境を創りだします。

比較読影モード

同一モダリティ、同一部位の検査が自動展開されます。またモニター構成に応じて、手動展開に切り替え、ボタン一つで過去画像を展開させることも可能です。

フリーレイアウト機能

マウスのドラッグ操作のみで関連検査や異なる検査機器の画像、別患者の症例を同一画面上に表示することが可能です。症例の比較や、正常例を表示してご説明するケースなど、様々な場面に応用することができます。

ハンギングプロトコル設定

オーダー自動照合機能

DICOM TAGにある、検査種別や部位、検査記述などの情報を基にコマ割りや表示順を設定することができます。ルーチンとなる操作手順を自動化することで、読影の効率化を実現します。

便利で多彩な機能

自動心胸比算出機能

心胸比計測機能をさらに発展させ、画像表示時に自動で計測結果を算出する機能を搭載いたしました。
計測結果は、患者様ごとに時系列に表示することができ、CSV形式のデータ出力も可能となっています。

ブックマーク機能

付箋を貼るようなイメージで検査・レポートを管理し抽出することができるブックマーク機能を搭載しました。複数のブックマークを個人用に登録したり、ユーザー間で共有したりすることもできますので、症例の分類や学会用画像としての登録、至急・緊急といった読影依頼、データ出力依頼など幅広い使い方ができます。

整形計測機能

コブ角計測、FTA、Sharp角、CE角、AHI、脊柱管狭小率、外反母趾角などの各種整形計測機能を搭載。整形領域のフィルムレス化を支援します。

レポート一体型PACS

オーダー自動照合機能

レポートと画像を同一のデータベース上で管理し、画像と関連レポートとを完全にリンクさせています。シームレスな操作性と画像とレポートの密接な連携が、今までにない効率的な読影とレポート作成を支援します。

1.ダブルリーディング、トリプルリーディング運用への対応

読影者ごとのレポートステータスを管理すると共に、レポート一体型の利点を活かし、レポートごとの読影状態をGSPSにて保存し再現することが可能です。

2.レポート入力支援機能を搭載

定型文機能(モダリティ、部位ごとの登録)やテンプレート入力機能、過去レポートからのコピー機能、レポートプリセット機能を搭載し、快適なレポート作成を支援します。

3.キーイメージ連動機能

キー画像としてレポートに添付した画像をビューア画面上に展開し確認することができます。展開後はキー画像を先頭に同一のシリーズの全画像が表示され、簡単に前後の画像も確認することができます。

スマートクライアントシステム

クライアントとなる端末には、SXのソフトをインストールすることなく、全ての端末で読影端末と同様のビューア機能を使用することが可能です。またご使用されるユーザーごとにビューア画面のカスタマイズが行えます。

ビューア、レポート配信機能

主な機能

ビューア機能 FOV自動同期機能、同一断面像自動同期、スライスロケーション自動同期機能、自動スタック機能
検査リスト タブ検索振り分け機能、項目順変更機能、ブックマーク機能
画像処理 拡大縮小、表示サイズ変更(ライフ、1:1、枠サイズ)、白黒反転、回転、階調変更(プリセット可)、MPR機能
計測/アノテーション機能 距離計測、角度計測、CT値計測、各種整形計測機能、直線描画、矢印描画、矩形描画、楕円描画
出力機能 PDI出力、DICOM出力、JPEG出力、レポートデータ出力、イメージャー出力、各種印刷
  • ※ 上記の他、多彩な機能を取りそろえており、全てのクライアント端末にて同一のアプリケーション機能が使用可能です。

地域連携への対応

I-PACS SXはinfomity2.0(インフォミティ2.0)「連携BOXサービス」を利用することで、地域連携、医療連携にシームレスに対応することができます。近隣の医療機関との連携、患者紹介・逆紹介、遠隔読影など様々な場面に応用可能なオープンで汎用的なサービスをご提供いたします。

  • infomity2.0「連携BOXサービス」

    1.データ共有・公開機能

    連携したいデータを自由に保管・共有ができ、連携を行いたい施設にだけ公開することができます。

    2.豊富な連携メニュー

    読影依頼やカンファレンス、検査依頼、紹介など様々なシーンに活用することができます。

    3.ビューア機能の提供

    ASPサービスにて「連携BOXビューア」をどこでも誰でも使用可能です。

    4.高セキュリティ

    厚生労働省のガイドラインに準拠した、セキュリティの高いネットワークサービスの提供が可能です。

  • マルチデータ入出力システム「ID-680HM」

    1.画像取込機能

    DICOM、PDIデータの取り込み、汎用画像データ(JPEG、Bitmap、PDF、AVI)などの取り込みが可能です。

    2.DICOM規格違反修正機能

    PDIデータのDICOM規格違反を自動チェック、修正を行うことができます。

    3.情報取得機能

    RISなどの情報システムと連携し、画像付帯情報の修正やJPEGなどの汎用画像ファイルのDICOM化が可能です。

    4.画像出力機能

    CD/DVDデュプリケーターに対応し、紹介用画像の出力、ラベル印刷連携などが行えます。

柔軟なシステム設計

ハードウェアは小規模システムから大規模システムまでの様々なシーンにおいてフレキシブルに構成を組むことができます。選任のSEがお客様ヒアリングを基にシステム設計を行い最適なご提案をさせて頂きます。

ハード構成 ―様々な規模に応じてご提案―

読影専用端末「NEOVISTA PACS CL」

NEOVISTA I-PACS SX 用の薬事取得端末をご提案できます。モニター構成も自由に選択が可能です。

製造販売承認番号:21700BZZ00407000

モノクロ/カラー 解像度
17インチカラー 1280×1024
19インチカラー 1280×1024
5メガモノクロ 2560×2048
3メガモノクロ 2048×1536
3メガカラー 2048×1536
2メガモノクロ 1600×1200
2メガカラー 1600×1200
  • ※ ハードウェア製品につきましては性能向上の為、お断り無く変更する場合がございます。

保守・サービス体制 ─24時間365日サポート─

コニカミノルタジャパン(株)ヘルスケアカンパニーでは、全国すべてのエリアに展開しているサービス拠点がコールセンター、開発センターと連携し、ご使用いただいている製品の品質維持・向上に努めてまいります。

リモートメンテナンス

  • 製品についてのお問合せはこちら
  • アフターサービスについてはこちら
  • メールでお問合せ
  • カタログ請求
  • 新規開業メールお問合せ
  • 新規開業医様向け
  • infomity
  • ピンクリボン運動
  • メディカルネットワーク

製品情報

ページトップへ戻る