DR(デジタルラジオグラフィー)

ヘルスケア

CS-7

高精細モニター運用 ※オプション機能

撮影後画像をより精細に確認するといったご要望にお応えし、高精細モニター接続を可能としました。画像の拡大や画像処理調整した内容も瞬時に反映し、確認することが可能です。

タブレット端末に画像と患者情報を表示 ※オプション機能

タブレット端末を使用して、患者情報や画像の確認が容易にできるサブモニタ運用が可能です。これにより、撮影前後に撮影室内での患者間違いの防止や、撮影画像の確認を効率的に行うことが可能になります。

■回診向けアプリケーション

院内LAN環境切替機能

院内システム(RIS/PACS)などのネットワーク体系が異なる場合でも、CS-7 Portableでは事前に設定したアドレス情報に使用箇所に応じて切り替えることが可能なため、持ち運びによる運用が基本運用となる回診環境でも柔軟にご利用いただけます。 CS-7 Portableは、回診環境下での必要な機能を備え、最適なソリューションをご提案いたします。

カテ先・ガーゼ強調処理を搭載 ※オプション機能

ポータブル撮影の目的は、経過観察だけではなく、術後の残存物確認(ガーゼカウント)や、カテーテルや挿管チューブのルート確認等も挙げられます。CS-7 Portableには、そのための専用処理を搭載しました。カテーテルやガーゼなどの確認をしやすくし、即時画像確認のメリットを最大限に活かすことができます。

  • ※対象部位:胸部正面 / 胸部側面 / 腹部正面 / 腹部側面 / 頭部正面 / 頭部側面 / 小児胸部正面 / 小児胸部側面 / 乳幼児胸腹部 / 新生児胸腹部 / 聴器 / 頸部 / 腰椎側面 / 胆道造影 / 手指骨 / 足根骨 / 足趾


強調処理実施

■検診向けアプリケーション

検診特有のワークフローに対応 ※オプション機能

撮影後、都度データバックアップを実施するリアルタイムバックアップ機能や、自動発番機能など検診撮影に必要な機能を準備。患者IDの自動発番機能は、その発番ルールや任意文字を追加するなど柔軟なルール作成が可能です。

  • 新規開業医様向け
  • infomity
  • ピンクリボン運動
  • メディカルネットワーク

製品情報

ページトップへ戻る