現在地:
コニカミノルタ 日本
ヘルスケア
導入事例
infomity事例一覧
船橋市立医療センター

導入事例

ヘルスケア

船橋市立医療センター

<戻る  1 | 2 | 3 | 4 | 5  次へ>

検査画像が翌日には届く「連携BOXサービス」活用でよりシームレスな地域連携を実現

  • 名称:船橋市立医療センター
  • 所在地:千葉県船橋市金杉
  • 病床数:449床

千葉県は、2012年12月末時点での人口10万人に対する医師数が172.7人と、全国平均の226.5人を大きく下回る医師不足が深刻な県だ。ワースト1位の埼玉県(148.2人)、2位の茨城県(167.0人)に次ぐ、ワースト3位(全国第45位)となっている。

さらに県内では、千葉市を中心とした地域や、安房など県南部の地域に医師が集中し、地域格差が生じている。千葉県内保健医療圏別の人口10万人に対する医師数をみると、2010年10月時点では山武長生夷隅保健医療圏が104.4人、次いで君津保健医療圏が133.7人と、県内でも医師数が低い地域になっている。今回伺った船橋市立医療センターは、千葉県内の医師数がワースト3位である東葛南部保健医療圏の中核病院だ。

救命救急センター(千葉県三次救急医療機関)であり、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院などにも指定されている同センターは、2010年3月に地域医療支援病院としても承認を受けた。医師数の少ない医療圏住民のセーフティーネットを形成すべく、地域の医療機関との密接な連携に取り組んでいる。

<戻る  1 | 2 | 3 | 4 | 5  次へ>

ページトップへ戻る