現在地:
コニカミノルタ 日本
ヘルスケア
導入事例
クリニック事例一覧
佐藤外科内科胃腸科クリニック様

導入事例

ヘルスケア

佐藤外科内科胃腸科クリニック様

<戻る  1 | 2 | 3  次へ>

使用するごとに価値が増すPACS

「I-PACS EXを導入して特にこの機能が良かったというのは、"前回との比較"です。導入してすぐは画像がありませんが、導入して2~3年経つので肺の写真、胸のレントゲンも前回撮影したものとの比較がすぐにできる、診えるというのがいい。1つのモニター上で縦に分割して比較して診ていけるというのが使いやすいです。患者さんへの治療経過の説明も「ここの部分がよくなっていますね」ということが説明しやすいし、情報を伝えるという意味でもよいと思います。それにビューワーが非常にみやすくてきれいですよね。解像度も高いし、細かいところまでしっかりと診られる。レントゲン写真などを患者さんにお見せして「これが自分の骨なんだ」というのをしっかり理解いただけるし、傷口の部分なども拡大して見やすくできるので「ここが骨折ですよ」と説明したことを正しく認識していただける点がやりやすいです。胃カメラも撮影してすぐに画像を見せられるので「ここに潰瘍があります」といったところをご自身で見て判断していただけるので重宝しています。患者さんへのインフォームドコンセントに非常に役立ちます。
データはCD-Rにおとして患者さんにお渡しすることができるので、病院へ紹介を出すときにも使用しています。大きなフィルム袋を持って歩くのは患者さんにも負担ですから。」

リモートメンテナンス、コールセンターは欠かせないアイテムに

「リモートメンテナンスは本当にすごい!すごいとしか言いようがないです。内視鏡の画像を患者情報を入力せずに送信してしまった時も、あっという間にリモートで入ってきてくれて、その場で操作説明をしていただいて。従来だと呼んで説明して、電話でやりとりしていたことがほんの数分で片が付いてしまうので、全く診療の妨げにならない。しかもコールセンターは24時間対応してくれるから安心していられます。リモートメンテナンスを取り付けてもらって本当によかった。操作方法がわからないとその場で診療が止まってしまいますから、本当にいいですよ!」とお話をいただきました。

<戻る  1 | 2 | 3  次へ>

ページトップへ戻る