SOLUTION

Production Print Systems

変わり続ける
印刷テクノロジー

  • PRINTING
  • HISTORY

1デジタル印刷機の活躍

ハンド氏はデスクに散乱した書類を見つめていました。彼の会社はメリーランド州・バルチモアにある中規模の印刷会社です。製品のパッケージデザインや、さまざまなテクスチャーの紙、エンボスや銀箔といった装飾など、販促ツール制作に役立つ自社技術の向上に力を注いでいます。なかでも仕事の出来を大きく左右するのは、使用している印刷機の性能です。

ハンド氏は、食品・飲料のグローバル企業からプロスポーツチームまでさまざまな顧客を抱えています。最新のデジタル印刷機のおかげで、あらゆるものの印刷に携われるこの仕事にやりがいを感じています。

子どものおもちゃから最先端のファッションに至るまで、3Dプリンターの幅広い分野での活用が大々的に報道されている一方で、これまでデジタル印刷に対しては人々が関心を向けることはありませんでした。しかし、デジタル印刷の技術も日々進歩しており、多くの人の働き方に変化をもたらしているのです。

2Instagramと自費出版

ハンド氏は、Instagramのユーザーや自費で書籍を出版する人たちからも注文を受けています。Instagramのユーザーはアプリから直接写真を送り、オリジナルのマグネットからフォトブック、カレンダーまで、さまざまな印刷物を自分で作ることができます。

また、最近では、必ずしも小説家は大手出版社を通して印刷を依頼する必要がなくなりました。作家は原稿をメールで送り、指定した装丁を施した本を、必要な数だけ印刷することができます。デジタルテクノロジーの進歩によって、これまで商業用であった高品質な印刷機も、消費者にとって身近なものになりました。もしかするとあなたが書いた最初の小説も、地元の小さな印刷会社で産声を上げることになるかもしれません。

 

今までよりも小さくて手ごろなデジタル印刷機を使用することで、個人経営の印刷店、大学の出版部、そしてハンド氏のように小ロットの依頼も受けることができる印刷会社など、新しいビジネスのチャンスが生み出されているのです。

3商業印刷の移り変わり

1970年代から80年代にかけて一般的に使用されていたドットインパクト方式*1の印刷機から、デジタル印刷機へと移り変わっておよそ30年。デジタル印刷機は今も進化を続けています。版は、パソコン上で作成ができるデータに置き換わり、印刷業者は制作期間やコストの管理がしやすくなりました。

印刷コストの削減、印刷対象物の広がりによって、消費者と印刷物の関わり方や、印刷業界のスタンダードは大きく変わってきています。

「以前のデジタル印刷機は、版を使用するオフセット印刷の精度には全く及びませんでした。しかし、今は違います」と、ハンド氏は話します。また彼は、デジタル印刷機で文書をスキャンしサーバーに保存することで、オフィスにある紙類の山をなくすことにも成功しています。

パッケージラベルなどの商用製品の平均印刷数はかつて10,000部~100,000部でしたが、ユーザーごとにカスタマイズされ、制作期間も短縮されたことに伴い、今では平均印刷数は5,000部以下になりました。小ロットの印刷によって顧客のニーズに柔軟に応えていくことが、新しいデジタル印刷事業の特徴となっています。デジタル印刷機を導入した結果、印刷に関連するさまざまな工程は自動化され、生産効率を向上させているのです。

*1 ドットインパクト方式
数枚綴りの複写式の帳票用紙に、印字ヘッドの圧力で印刷する方式の印刷機。印字スピードが遅い、動作音が大きい、解像度が低いという欠点があります。

4変化に対応するカスタマイズ印刷

印刷の効率を上げるデジタル印刷機の1つがコニカミノルタのAccurio Jet KM-1です。オフセット印刷と同等の高精細な印刷物を、小ロットで提供することができ、ジョブ管理・編集を行うことのできるビジョンパネル、紙を自動で移動させるロボットグリッパーを本体に装備しています。また、すぐに乾く特殊なインクを使用しているため、印刷物を乾かす時間を短縮させています。さらに大きなメリットとしては、B2サイズの印刷が可能になったことです。

Accurio Jet KM-1によって、オンデマンドでの販促ツールの制作期間は短くなります。また品質の面でも、より精細で高級感のある画質になっただけでなく、ラベルや装飾印刷と連携し、ワインのボトルに施すような箔押しや凝ったレタリングも可能となります。

印刷業界で45年間、電気部品メーカーや食品メーカー、物流会社やセールスプロモーション担当者にラベルサービスを提供してきた日本の印刷会社は、コニカミノルタのラベル印刷機を導入し、近年受注数を伸ばしています。

同社は、デジタルラベル印刷機の導入によって、版を外注する手間が省かれ、厳しい納期にも対応ができるようになりました。デジタル印刷機によって、これまでの伝統的な印刷会社が、デジタル市場でも活躍ができる会社へと変わっています。オフセット印刷のクオリティを維持しつつ、顧客が必要なものを、必要な時に提供できる。それがデジタル印刷機の最大の特徴になります。

そして、デジタル印刷機が本領を発揮する場面としては、サプライヤーや法規制が変わる毎に、成分等の表示を変更する必要がある、製品のパッケージやラベルの印刷です。また、消費者は、製品のパッケージやラベルの見た目で購入意思を決める傾向が強いため、彼らの求める形に合わせて、パッケージデザインやテクスチャーを調整し、製品の販売数向上に寄与することができます。

必要なものを必要な人へ、想いをカタチに。

Giving Shape to Ideas

THE HISTORY OF PRINTING

木を使った粘土板への刻印に始まり4Dプリンターへと至るまで、日々の生活を文字として記録し形に残すことで、わたしたちの暮らしは大きく変わってきました。様々な方法で人類の歩みを記録してきた印刷技術と、世界中の発明家たちがもたらしたイノベーションの歴史を見てみましょう。

BC 3000

文字が刻まれた印刷物は、メソポタミア文明アッカド王朝ナラム・シン王の時代に始まったとされています。柔らかい粘土板に印章で楔形文字を刻印し使用していました。

有史時代の始まり 印刷物の誕生によって、人類は有史時代を作り出しました。

AD 105

中国の宮廷役人が皇帝に紙を献上したという記録が残っています。この当時の紙は桑などの樹皮から繊維を取り出し、シート状になるようにつぶして作られました。

AD 886

中国甘粛省で発見された大乗仏教の経典「金剛般若経」は、出版年が明示された世界最古の印刷物です。長さ5メートル以上の紙に木版で印刷されていて、現在は大英図書館に保管されています。

1440

ヨハネス・グーテンベルクによって、大量生産が可能な活版印刷技術が発明されました。現在でもほとんど形を変えていない、鉛、スズ、アンチモンを混ぜた活字合金は、この時初めて印刷機に使用されました。

1886

オットマー・マーゲンターラーにより、活字の鋳造と植字を自動で行う印刷機が発明されました。1行分の文字を1つの塊で活字にすることができたため、「ライノタイプ(Line of Type)」と呼ばれました。

報道の爆発的普及 報道が世界中に広まったことを、トーマスエジソンは「世界の8番目の不思議」と呼びました。ライノタイプは80年近くの間、新聞や雑誌の印刷で使用されました。

1938

チェスター・カールソンによってゼログラフィ(電子写真)が考案されました。20年かけて確立させた乾式複写法は、液状の化学物質を必要とせず、現代の印刷機へと受け継がれています。

1951

史上初のインクジェットプリンターが開発されました。大衆向けの手ごろな価格でありながら、文書の複写に適した品質を備えており、デジタル印刷機への大きな転換点となっています。

1960

コニカミノルタの最初の印刷機「Minolta Copymaster」が登場。湿式ジアゾ複写法を採用しており、ランニングコストが低く、使いやすかったためオフィスの文書印刷として活躍しました。

出版の民主化 印刷機の登場によって会社や社会が変わりました。情報の流れはより速く・広くなり、政府の検閲や修正から解放されるようになりました。

1969

レーザープリンターが発明されました。

デジタル印刷の誕生 コンピューターの登場によって、印刷用ソフトウェアの開発が進みました。版が必要なアナログ印刷に対して、デジタル印刷は、作業スピードが速く、コスト効率も高いことが認められました。

1984

マウス操作とグラフィカルユーザーインターフェースを組み合わせたコンピューター「Apple Macintosh」が登場。DTP(desk-top-publishing)はこのときから始まります。

2004

コニカミノルタの次世代インクジェットテキスタイルプリンター「Nassenger V」が発売されました。

2009

初の商用3Dプリンターが発売されました。

2016

B2判デジタルインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」とフルカラーデジタルラベル印刷機「bizhub PRESS C71cf」が発売されました。

印刷の次なる最先端技術とは

印刷の次なる進化はどのようなものになるのでしょう。4D印刷や拡張現実(AR)といった新しいテクノロジーは、印刷の役割に影響を与え、また、私たちの記録の残し方や生活の仕方を大きく変えていきます。コニカミノルタは、未来を見据えるパートナーたちと協力することで、新しい発展への扉が開かれると信じています。

ページトップへ