close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

ゆうあい 様

請求管理、財務会計、給与、人事の各システム同士の
柔軟な連携と発展性に加え、高度な技術が不要の簡易さが
繁忙な福祉業務から、職員の多忙を和らげる。

従来からのシステムには、サポートや使い勝手の点に不満。

知的障害者入所・通所更生施設「ゆうあい」は、知的発達障害によって支援が必要とされる方々を対象に、利用者を主体とする自立支援を進め、利用者自らがサービスを選択・決定し、自己実現を図ることを目的に設立。更生施設本来の目的である利用者の地域施設への移行を促進するため、障害の程度や年齢に応じた個別プログラムを作成し、サービスを総合的に利用するためのケアマネジメントを行っています。また、さまざまな地域生活を支えていくため、相談業務、ショートステイ、デイサービス、ボランティアの育成等、地域の総合的な福祉推進を行っています。

今回のソリューション導入の背景にあった課題について伺いました。「20年前に、ある社会福祉法人向けのトータルシステム(財務会計/人事情報/自立支援/ケース記録等)を導入したのですが、サポート体制が今ひとつで使い勝手があまり良くありませんでした」。そのシステムを使いこなすこと自体にたいへん苦労したとか。「当時から、人的リソースに限りがあるのに、データとして残さなければならない帳票は多く、そのうえ2006年4月に自立支援法が施行され、さらに対応が難しくなっていました。そこでまず、2007年10月に国民健康保険団体連合会の電子請求対応の請求管理システムを導入し、事務負担がかなり軽減できることがわかりました。さらに次のステップとして、度重なる法改正にも対応できるよう全体的な見直しを図ろうということになりました」。事務負担の軽減こそが、本来の福祉業務の質の向上に直結する……。それから、システム間の連携のスムーズさ、使い勝手の良さなどをテーマに、次期システム導入に向けた入念な比較検討作業が始まりました。

柔軟なシステム連携で、ミス防止、省力化など大幅に業務効率がアップ。

さまざまな試行錯誤の末、見出した解答が、コニカミノルタのカラー複合機「bizhub C203」と、財務会計システム、給与管理システム、人事管理システムをはじめとする「ほのぼのシリーズ」の導入でした。

今回導入されたソリューションについて、その導入決定ポイントを聞いてみました。「決め手となったのは、自立支援法だけでなく今後の法改正にも対応できる発展性、すでに導入していた請求管理システムに対するサポート対応、デモを見てわかった使いやすさなどでしょうか」。見積もりや伝票起票などの煩雑な事務に加え、介護報酬の改正やさまざまな法改正が頻繁に行われ、さまざまな事務も臨機応変、迅速な対応が求められているというのが現場からの生の声。高度な技術が不要で即座に対応できる簡易さも大きな要件のひとつだったようです。

導入の結果、どのような改善が見られたのでしょうか。「おかげさまで、請求管理システム、財務会計システム、給与管理システム、人事管理システムそれぞれが連携し、変更・修正なども一画面で確認できますから、帳票のオペレーション業務に関する負担は大幅に減りました。もちろんミスもすぐに見つけられるので、業務効率も上がっています。加えて財務会計帳票の種類が豊富ですし、自動作成もできるので、事務処理時間が大幅に短縮できました。福祉施設ですので、職員の忙しさを少しでも和らげ、そのぶん貴重な時間を入所されている方や通所される方のケアに充ててもらわなければならないと考えていますから、その点、とても満足しています」と、高く評価されています。

今後の課題は、利用者の方々の真の自立を支えるプログラム、システムの構築。

今後は、さらにどのようなシステム構築をお考えなのか。「まず今は、財務・請求管理といったシステムを連携させることができ、施設運営という大きな枠の中の基軸を打ち立てたという初期段階でしょうか。次は、やはり利用者の方々が自立できるよう細やかなプログラムを作成し、実施し、その記録を残し、より最適化されるプログラムヘの移行や、支援状況の管理を推進するためのシステムを導入していきたいと考えています。また、今後の法改正も視野に入れた導入であるべきでしょうし、地域・行政・福祉団体等とのネットワーク化にも加わっていき、利用者皆さんの真の自立を支えるための機能を構築していきたいものです」。福祉のあるべき姿を求め、前進を続ける「ゆうあい」。コニカミノルタは、さまざまな先進のソリューションを通じて、今後も現場に即応したレスポンスの良いバックアップを続けていきます。

プロフィール

社名 ゆうあい
住所 山口県防府市大字向島79-42
従業員数 16名
事業内容 知的障害者更生施設管理と運営

本ページに記載されている情報は取材時のものであり、閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

その他の導入事例

目的別で探す 業種別で探す ソリューション・サービス・製品別で探す

ページトップへ戻る