close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

東京工芸大学
芸術学部デザイン学科
ヒューマンプロダクトコース(厚木) 様

授業内容に合わせたシステムを提供
必要なデータをサーバ上で一括管理可能に

導入の経緯

Mac とWindows が混在する環境でもサーバでデータを一括管理可能に

118
東京工芸大学芸術学部デザイン学科ヒューマンプロダクトコースの講師を勤める高梨令先生。

東京工芸大学芸術学部デザイン学科のヒューマンプロダクトコースでは、3D のプロダクトデザインを中心にした講義を行っています。授業の中ではCAD による設計や、作成したデータの3D のレンダリングも行います。以前から、Active Directory を利用しデータ共有をしていましたが、CAD の作業はWindows、グラフィック作業はMac を使用するというケースが多くなったため、Mac とWindows が混在したネットワークの構築が必要になりました。高梨先生は「Mac とWindows を同じネットワーク上で管理するだけでなく、データをサーバ上に保管することで、学生が外部メディアにデータを入れて持ち歩かずに済む環境が必須でした」と、導入経緯を述べられました。

現在のシステム

授業内容に合わせたシステムを提供

そこでActive Directory に移動ユーザープロファイル機能を構築することを提案。どのWindows からでも自分の作業環境やデータを呼び出せるようにいたしました。さらに同様の接続環境にMac を導入し、全てのデータの共有化と一括管理ができるネットワークを構築いたしました。

「Mac とWindows が混在した環境でも自分のデータにアクセスできるため、データを外部メディアに移行する手間がなくなり、さらに最新のデータを常に扱えるのは大きなメリットです」(高梨先生)。実際、CAD に強いWindows とグラフィックデザインに強いMac の両方を使い分け、CAD データを3D レンダリングする際にはWindows をフルに活用し授業を行っています。また作成したデータが数時間もPCを占有する場合にも、学生は別のPCから自分のデータを呼び出し、作業を行えるようになりました。またレンダリングされた3D データを活用して、Mac でデザインをするという効率的な作業の流れも実現できました。

411

元々体育館だった建物を改装し、広い空間をデザイン教育の場として利用しているヒューマンプロダクトコースの校舎。コンピュータルームは2階に用意されており、MacとWindows を駆使して課題の制作が行われています。

導入の効果

必要なデータをサーバ上で一括管理可能に

「サーバ上で大容量のデータを一括管理できるようになった点は非常に大きなメリットだと思います。最近は外部記録メディアの低価格化が進んでいますが、これまでは大容量のデータを作成した場合に学生にかかるメディア代の負担は非常に大きなものでした。そのようなことからも、学生の課題制作に支障がない環境というのは理想的だと言えるでしょう」(高梨先生)。

また、これまでのWindows マシンは、低価格と高機能を両立させるために、スポット的に入手できるパーツを組み合わせた「自作パソコン」が中心となっていました。自作パソコンは確かに、コストパフォーマンスは高かったようですが、それぞれにパーツ構成が異なるため、マシンによってはアプリケーションが動作しないなどの問題点がありました。今回のシステムでは必要なスペックを持ったWindows マシンを複数台導入しており、どのPC でも同じ作業を行える環境を整えさせていただきました。

今後の展開

最新の処理能力を持ったシステムの導入

ヒューマンプロダクトコースではMac とWindows の混在環境を安定して利用していただくためには、きめ細かいサーバのセッティングが重要です。さらに学生数に合わせ、パソコン台数の増加も決定しており、環境に対応したサーバのチューニングも随時行っております。また個人に割り当てているサーバ上の領域やNetwork Home Directory の構成の変更など、実際に利用する中でうまれてくるご要望についても、利便性を高めるサポートをさせていただいております。「システムの設計から導入まで、きめ細かいサポートをしていただいたことから、今後も安心してコニカミノルタさんにお任せできると考えております」(高梨先生)と評価していただきました。


導入されたWindowsマシンはCADの作業や3Dレンダリングに利用されています。


ヒューマンプロダクトコースのコンピュータルームに設置されたMac Pro。主にデザイン関連の作業を行う際に利用されています。


MacとWindowsの両方からの接続が可能なWindows Server。どちらからも学生が自分のデータ領域にアクセスできるため、作業環境を継続することができます。

導入

【Macintoshソリューション】
システム構成 : MacPro 5 台、Windows 34 台、WindowsServer 3台

プロフィール

大学名 東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科ヒューマンプロダクトコース(厚木)
住所 〒243-0297
神奈川県厚木市飯山1583
TEL: 046-242-4111
ホームページ
概要 1923年創立。工学部5学科、芸術学部7学科3コース、大学院2研究科。学生総数約5000名の総合大学。
「プロダクトデザイン」と「インテリア・空間デザイン」をモノづくり(実習)を軸とした実践的なカリキュラムを展開。学生が主体性を持って意欲的に学べるよう、ワークショップ形式の開講科目を実施しています。
AppleならびにMacintosh、Mac、MacPro は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
Windows、Windows Server は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

本ページに記載されている情報は取材時のものであり、閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

その他の導入事例

目的別で探す 業種別で探す ソリューション・サービス・製品別で探す

ページトップへ戻る