close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

利根川印刷株式会社様

オンデマンド・プリントが、印刷業の新たな業態を創造。クライアントの選択肢を増やし、ビジネスチャンスを拡大。

【 受注拡大 】【 短納期 】【 ハイブリッドワークフロー 】【 多品種小ロット 】【 コスト削減 】【 採算性アップ 】

背景

市場変化に対応するため、デジタル分野へ進出

利根川印刷では、2003年から刷版にCTPを導入してプリプレスのフルデジタル化を図り、業務の効率化、短納期化を進めてきました。オンデマンド・プリントについても当時から検討はしていたものの、オフセット印刷と相容れないものという認識が社内に多くあり、導入には至りませんでした。しかし、オンデマンドの品質が向上し、価格や品質に対するクライアントのニーズも変化してきたことから、今年、60周年の“新創業”を契機に、本格的にデジタル分野への進出を決断。オフセット印刷とオンデマンド・プリントをどうマッチングしていくか、また「ビジネスが細かくなる」、「売上につながらない」という営業マンの意識をいかに変えていくかなど、いくつかの課題にも取り組むことになりました。

効果

オンデマンド・プリントで、ワンストップサービス実現へ

これまで利根川印刷では、クライアントからオンデマンド・プリントのオーダーがあった場合、外注で対応していました。しかし、それを続けていても社内にノウハウが蓄積されません。利根川氏は「せっかく社内にデータやコンテンツを制作する人材がいても、印刷を外注していてはスピードやコストの点で競争力が低下してしまいます。印刷物に限らず、これからはお客様のニーズに合わせてWebや映像など、さまざまなコミュニケーションツールを受注し、企画から制作までワンストップでサービスできる体制にしていくことが必要です」と強調します。また、オンデマンドを導入した最も大きな理由について、「当社の敷居を低くしたかったからです。いままでできなかった小ロットのものも、できるようにしたい。お客様のニーズをヒアリングし、自社で素早くサンプルをつくってご提案したい。そのためには、小回りが利くオンデマンド・プリントが最適なのです」ともいいます。これによりクライアントの選択肢が増え、ビジネスの間口も大きく広がりました。

オンデマンド・プリントが持つ、数多くのメリットを活用

オンデマンド・プリントをスタートするにあたって、利根川印刷では3年ぐらい前から各メーカーの機種を比較し、研究と検討を重ねてきました。コニカミノルタを選んだ理由は、まずハードの価格とランニングコストが低くおさえられていること。そして、デジタルトナーの性能も大きなポイントになりました。利根川氏は「コニカミノルタ機は、電子写真方式としてはデジタルトナーが圧倒的に優れています。オフセットの品質に近い高画質が得られます。それに加え、紙をあまり選ばないところも大きな魅力です。いままでオフセットで印刷していたものをそのまま刷れる。これは、お客様にとっても安心ですし、自分たちも勝手を知っているので品質管理がしやすい。さらに、オフセットとの親和性がいいこともあげられます。これなら、ハイブリッド(オフセット印刷+オンデマンド・プリントの組み合せ)で特色ある製品を作っていくことができます」と、多くのメリットを語ります。

今後の展開

営業活動も、ニーズを捉えるマーケティング志向へ

そして、コニカミノルタを導入したもうひとつの大きな理由について、「印刷から中綴じ、断裁までをすべてワンパスでできるという点があげられます。オンデマンド印刷というのはトータルでスピードアップしなければ意味がありません。製本機を持っていても、担当者の手が空くまで置いておくのでは待ち時間がもったいないのです」と指摘します。インラインで一貫処理できることにより生まれる経費削減の効果は、想像以上に大きいといいます。また、営業活動の面でもオンデマンド・プリントを導入することで動きがきめ細かくなり、お客様のニーズをしっかりヒアリングできるマーケティング志向の営業に変わっていき ます。利根川氏は、「私たちの持つデザイン力、デジタル処理力、オフセット技術力、画像処理技術力を融合し、お客様から評価される仕組みづくりを進めています。いろいろな技術を合わせてニーズを掘り起こしていけば、これからビジネスはどんどん広がっていくと思います」と、オンデマンド・プリントの将来性について確かな手応えを語ってくれました。

機種構成

  1. bizhub PRO C6500+2段給紙ユニット+大容量スタッカー+中綴じユニット+イメージコントローラーIC-303+カラーマネジメントシステム
  2. その他 バリアブルソフト VDPI

プロフィール

社名 利根川印刷株式会社
代表者 利根川 政明
創業 1947年5月5日(昭和22年)
社員数 50名(2009年9月現在)
事業内容 印刷・広告物制作(オフセット印刷・オンデマンド印刷)

本ページに記載されている情報は取材時のものであり、閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

その他の導入事例

目的別で探す 業種別で探す ソリューション・サービス・製品別で探す

bizhub C552DS

ページトップへ戻る