close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

社会福祉法人 さくら 様

勘と経験の支援から、データに基づく支援へ。
ICTを業務にフル活用し、福祉のイメージを一新する施設が完成

生活支援事業「ふれあい」と放課後等デイサービス「たまりば」を事業の柱として、障がい児・者をサポートするサービスを愛知県内の3カ所で提供されている社会福祉法人さくら様。2015年に開設した施設のトータルソリューションをコニカミノルタが担当しました。業務やサービスにICTを積極的に採り入れることで、既存の福祉の枠にとらわれない新しい福祉サービスを実現しました。

導入前の課題

常務理事 GM(ゼネラルマネージャー)鈴木 彰伯 様
常務理事
GM(ゼネラルマネージャー)
鈴木 彰伯 様

課題

  • これまでにない新しいスタイルの福祉ビジネスをつくりたい
  • 障がい児・者のお世話にとどまらない福祉サービスを提供したい
  • 保護者の信頼と結びつきを深める福祉サービスを提供したい

解決

  • ICT機器の積極的な活用で、サービス向上、業務の効率化を促進
  • データや支援記録を共有し、障がい児・者へ質の高いケアを実現
  • 障がい児の日々の様子を伝えるデジタル“交換日記”システムの構築

背景

福祉のイメージを一新する施設をつくりたい

施設内に一歩足を踏み入れると、明るいカラーリングとユニークなデザインで構成された内装が目に飛び込んできます。社会福祉法人さくら様の施設は、従来の福祉施設のイメージとは、ずいぶん異なる印象を受けます。
「ちょっと障がい児・者の施設だとは思えないでしょう?」とお話いただいたのは、常務理事ゼネラルマネージャーの鈴木彰伯様です。
「これまでにない福祉をつくりたかった。施設に明るさや開放感、遊びゴコロがあってもいいと思うのです」。

さくら様の事業の柱となるのは、併設の飲食店で障がい者自らが働いて社会参加を体験できる「ふれあい」。そして放課後等の障がい児の生活能力向上をサポートする「たまりば」です。ここで実践されているのは、支援されるという受け身の福祉ではなく、積極的に社会に関わっていく新しいスタイルの福祉です。

福祉施設のイメージを変える
モダンな内装デザイン
福祉施設のイメージを変える
モダンな内装デザイン

海外視察でこれからの福祉のあり方を実感

2015年、施設の開設にあたり、鈴木様はデンマークの福祉施設を視察されました。福祉先進国の現場を目の当たりにして「これからあるべき福祉の姿を、強く実感しました」とのこと。そこでは、利用者の情報から、支援方法、支援手順にいたるまで、すべてがデータ化され、活用されていました。「単に車いすを押したり、障がい児・者のお世話をする福祉ではなく、我々は、彼らが自信を持てるような、これから前向きに生活に取り組めるような福祉を提供したい。それには、成長の過程をしっかり記録してトレーニングすること。つまり『データ化』が非常に重要なのです」。
これまで日本での障がい児・者へのケアは、支援する人の勘や経験に多くを頼っていました。支援の記録、正しいケアや対応策の記録がしっかり残せれば、担当者でなくても情報を共有し、常に質の高いケアが提供できるわけです。「日本の福祉を変えていくカギは、利用者情報の管理と活用。それを実現するためには、アナログからデジタルへの転換が必要。ICTの活用が不可欠だと思ったのです」と鈴木様。

施設開設のオーダーは、コニカミノルタに

施設のインフラ整備、什器・家具などの導入にあたり、鈴木様はデンマークでの知見をもとに、手を挙げた業者に、そのかける想いを伝えました。
「求めたのは、ICTをいかに福祉に取り入れるか。どうやって従来の福祉サービスを変えていけるか」。鈴木様の想いに応えて、それぞれの業者がソリューションを提案。その提案内容によって最終的に数社に絞られ、入札の結果、コニカミノルタが選ばれました。「コニカミノルタさんの提案には、機器の配置や使用などの面で、人を支援する立場からの深い配慮がありました」。障がい者福祉をしっかり認識・理解した提案に、大きな評価と信頼をいただきました。

導入の効果

福祉の現場を大きく変えたタブレット活用

コニカミノルタの提案で、様々なICT設備の導入が実現しました。その一つが、スタッフ全員へのタブレット端末の配付です。勤怠管理から、スタッフ間の情報共有、利用者情報、障がい児・者の食事の管理まで、これ一台で業務が完結する仕組みを構築。さらに施設内に無線LANを張り巡らし、クラウドとの連携でデータ共有を実現しました。
「これにより、利用者情報やケア情報などの記録管理ができるだけでなく、業務の効率化が大きく進みました」。会議のための時間が不要になり、個人個人がタブレットを使って、ディスカッションや提案、意見交換がされるようになりました。また、紙ベースからデジタルベースになり、書類などの保管スペースが要らなくなりました。

デジタル“交換日記”が大きな効果を発揮

デジタル“交換日記”
子どもたちの様子や食事など、活動報告に写真を添えて、毎日、発信される“交換日記”。スタッフと保護者の意見交換も、頻繁に行われています。

さらに大きな効果を発揮したのが、「たまりば」を利用する障がい児の保護者とスタッフとの“交換日記”機能です。これはスタッフが、子どもたちの活動記録や写真をタブレットに入力すると、保護者にメール配信される仕組み。保護者はそれを見て、感想やスタッフへの要望を返信することができます。
「子どもたちが日々何をして、どんなケアを受けているか、デジタルの活用でイキイキと伝えられます。我々と保護者様との連携を高め、高い評価をいただいています」。

さくら様が提供するのは、単なる福祉ではなく、福祉サービス。事業として、高い価値をお客様に提供することが大切とおっしゃいます。デジタル“交換日記”の効用は、コミュニケーションだけではありません。「子どもたちの様子をしっかりと見て、保護者様に伝えるわけですから、スタッフも緊張感をもって仕事をするようになりました」。スタッフのスキルアップ、支援のクオリティーアップにもつながっているとのことです。

楽しく遊べる、元気に過ごせる、ここは、まさに子どもたちの「たまりば」

ワンストップ対応ならではの高い満足度

このほか、食堂には、車いすの方にも対応できるよう高さが10段階に調節できるテーブル、「たまりば」には、定評あるボーネルンド社製の遊具を設置するなど、コニカミノルタの様々な提案が随所に活かされています。

「困ったことがあったら、コニカミノルタさんにお願いする、相談する、ということが我々の中に浸透していますね」と鈴木様。ワンストップだからこそのスピーディーな対応と信頼。「提案力やサポート体制への満足度は、非常に高いですね」と高い評価をいただいています。

ボーネルンド社製ボールプール
ボーネルンド社製ボールプール

障がい者が働くカレーうどんとタルトの専門店
障がい者が働くカレーうどんとタルトの専門店

車いす対応、高さが調節できる食堂のテーブル
車いす対応、高さが調節できる食堂のテーブル

今後の展開

放課後等デイサービスのさらなる発展を

開設してから約1年が経過、現在「たまりば」を利用しているのは、ほとんど小学校1、2年生です。これから小学校高学年、中学生へと成長していくにつれ、下校時間が遅くなるため、サービスを提供する時間が短くなってしまいます。さらに「今後、学年に幅ができていくと、たとえば小学校1年生と中学生に、同じサービスを提供するわけにはいきません」。将来的には、学年別の「たまりば」をつくること。その第一弾として、中学生対象の「たまりば」をつくることを検討中とのこと。

「そこには、タブレットやPCを設置して、障がい児たちに提供するというアイデアもありますね」。ICTを活用した進学や就職につながるステップを、しっかり視野に入れていらっしゃいます。

ICTを活用した一歩踏み込んだ福祉サービスを

無線LANの導入で、事務室の配線もすっきり
無線LANの導入で、事務室の配線もすっきり

今後の福祉サービスの展望についてお尋ねしました。「ICTを上手に活用して、さらに踏み込んだサービスを実現したいですね」。ICTには、福祉を変えていく大きな可能性があるとおっしゃいます。「コニカミノルタさんとアイデアを出し合いながら、新しい試みを探っていきたいと考えています」。

今回は、ICTを活用し福祉サービスの新しいカタチを模索する社会福祉法人さくら様を取材しました。

業務の合間にデジタル“交換日記”を入力するスタッフ
業務の合間にデジタル“交換日記”を入力するスタッフ

コニカミノルタの福祉施設開設トータルソリューション
主な満足ポイント!

  • ICTのノウハウを、福祉業務にフル活用するソリューション力
  • 福祉業務や障がい者ケアへの深い理解・認識をベースにした提案力
  • ワンストップで、様々なオーダーに応える総合サポート力

プロフィール

名称 社会福祉法人 さくら
住所 愛知県豊橋市西幸町字古並273番地1
設立 2014年6月
従業員数 70人
事業内容
  • 生活支援事業
  • 放課後等デイサービス事業
  • 日中一時支援事業
ホームページ
概要 生活支援事業「ふれあい」と放課後等デイサービス「たまりば」、日中一時支援事業「トネリコ」を運営する愛知県豊橋市の社会福祉法人。既成概念にとらわれない新しいスタイルの福祉サービスの実現に取り組む。福祉の福を「しあわせ」、祉を「幸」ととらえ、ゲストやお客様へ心のこもったおもてなし(サービス)「W-Happy」を提供することを目指す。
取材 2016年5月

記載されている情報は取材時のものであり、閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

ページトップへ戻る