フルカラー・フェイスアップスキャナーシステム ScanDIVA

  • #文書管理

こんなことにお困りではありませんか?

  1. 貴重書や文献をデジタル化したいが、スキャン作業で原本を傷めてしまうリスクがある
  2. 劣化図書や原本が痛んでいるので、スキャンが難しく作業に苦労している
  3. 製本(冊子体)やホチキス留めされた資料をスキャンするのに手間がかかる

特長

原本を傷めずにスキャンが可能

公共・大学・民間の図書館や公文書館で保管している貴重書や分厚い文献などを、上向きのまま原本を傷めずにスキャンできます。

劣化図書や痛んでいる原本のスキャンが可能

劣化図書や保存している資料や原本に痛みが発生していても、上向きでスキャンしますので、作業が容易で更なる劣化を防止することができます。
また、その情報を利活用することができます。

製本(冊子体)資料のスキャンも快適

製本・バインドされた資料・ホッチキス留め原稿・綴られた資料などを上向きの状態でスキャンが可能。官公庁や民間の資料室・研究施設などで活用できます。

コニカミノルタだから実現できること

冊子体や大判資料を裁断せず、上向きのままスキャニングできるフェイスアップブックスキャナー

概要

ScanDIVAは、原本を傷めることなく快適で効率的なスキャン作業が行えるフルカラー・フェイスアップブックスキャナーです。取り扱いの難しい貴重な文献や分厚く重たい書籍も、上向きでセットしたままスキャンが可能なので、原本を傷めず効率的なスキャン作業を行うことができます。

主な機能

  • マザーボード搭載によるPC不要のオールインワンスキャナー
  • 光学解像度が400dpiですので細部まで鮮明なスキャンが可能
  • 最大480×330mm、厚さ100mmに対応
  • 高速読み取りで生産性向上(生産性または画像品質のどちらを重視するか選択可能)
  • 原稿の劣化を防ぎ省電力化も実現するLED光源を使用
  • スキャンエリアを動画で表示しますので原本のセットが容易
  • 使いやすく機能的なブッククレードル(左右のシーソー機能等)を標準装備
  • 分割スキャンでA3Lワイドよりも大きいサイズの原稿もスキャン可能
  • 連続的なスキャン操作時、音と視覚でスキャンミスを軽減
  • 定期スキャン機能により、一定間隔でスキャンをスタートさせることで生産性向上
  • 各種設定を環境設定画面から簡単に実行
  • 充実の外部インターフェース
  • 使用環境にあったキャリブレーション調整を実行することで、最適な高画質の取得が可能
  • 一定時間操作がない場合、自動的に消灯するオートランプオフ機能(4段階の時間設定が可能)
  • 各種設定をテンプレート化し、呼びだすことで煩わしい環境設定が不要可能

その他詳細やカタログ