オフィス改装をきっかけに紙文書業務から脱却したい

  • #情報共有・文書管理
  • #働きやすい環境づくり
  • #業務改善・生産性向上
A-20006

課題と要望

  1. 多様な働き方に対応するため、オフィスをリニューアルしたい
  2. これを機に紙媒体中心の業務スタイルから脱却したいが、現状は執務エリア内には管理者不明なまま野積みされた紙文書があり、理想からほど遠くどこから着手すれば良いか分からない

導入効果

  1. それぞれに意味を持たせた複数の「働く場所」を設け、従業員同士のコミュニケーションやコラボレーションを活性化
  2. 社内情報資産の運用ルールが策定され社員に普及浸透したことで、紙文書の削減と電子化が促進され、業務効率も向上

本サクセスパックに関してもっと詳しく知りたい方へ

コニカミノルタのご提供サービス

実現可能な運用ルールは自社実践のナレッジから策定
オフィスリニューアル&文書電子化同時スタートパック

  • ドキュメントコンサルティングサービス情報資産ルール・ガイドラインの策定と削減、オフィスリニユーアル、紙削減ストックレス)、電子データ(共有ストレージの活用)、場所に縛られない働き方、①オフィス内のペーパーストックレス化推進、②発生から廃棄までの紙文書に関するのルールの明確化、③紙文化・情報の属人化を抑制、④運用ガイドラインによる紙のリバウンド防止、今後増やさない仕組みの定着化、①全社レベルで電子データの明確な保管ルールを整備する、②紙ありきの各種資料・フォーマットの再考、③電子データに対する従業員のマインドを変化させ、組織横断型で情報の共有化を図る、オフィス内に、複数の「働く場所」を設け、それぞれに意味を持たせることで、社員が能動的に、生産性を上げられる「今」を選択して働ける環境を実現します。

コニカミノルタの「空間デザイン」は、自社実践で培ったノウハウをもとに多彩な新しい「働き方」を実現するオフィス空間をご提供いたします。その対象はオフィスの設えにとどまらず、普段の業務における文書の取り扱いルール策定にまで積極的に関与します。例えば一見理想的でスマートに見える「明日から完全ペーパーレス業務化」のような運用ルールを策定したとしても、実現性や周知徹底を欠いていたとしたら、その働き方はすぐに逆戻りし、紙から脱却することは不可能でしょう。失敗経験も含めた豊富なナレッジを持っているコニカミノルタの「ドキュメントソリューション」だからこそ、電子化成功の秘訣をお客様企業内の運用ルール策定に活かし、着実な働き方改革をご支援いたします。

導入ソリューション

業務プロセスの最適化・標準化を促進する文書管理ソフトウェアの導入支援をいたします。

働き方改革の実践経験を活かし「お客様の働き方を変える」オフィスデザインをご提供いたします。

本サクセスパックに関してもっと詳しく知りたい方へ