※診断結果は保存されません。

次の説明は正しいでしょうか?
「改正電子帳簿保存法の施行は当初予定の2022年1月から2年延期になり2024年1月になった」
  • 正しい(合っていると思う)
  • 正しくない(間違っていると思う)
  • 理解度チェックをスキップして課題診断へ
今回の電子帳簿保存法の改正で対応方法が厳格化されたものは次のうちどれでしょうか?
  • 自社で作成する国税関係帳簿
  • 取引先から紙で受け取る書類
  • 取引先から電子データで受け取る情報
今回の電子帳簿保存法の改正で対応方法が厳格化されたものは次のうちどれでしょうか?
  • 自社で作成する国税関係帳簿
  • 取引先から紙で受け取る書類
  • 取引先から電子データで受け取る情報
電子帳簿保存法改正への適合手段の一つとして採用される「タイムスタンプ」の役割として、次のうち正しいのはどれでしょうか?
  • 国税庁に支払う認証費の料金を勘定する
  • 改ざんが行われたデータではないことを証明する
  • 国税庁からの指示に基づいた取引データの条件検索をしやすくする
電子帳簿保存法改正への適合手段の一つとして採用される「タイムスタンプ」の役割として、次のうち正しいのはどれでしょうか?
  • 国税庁に支払う認証費の料金を勘定する
  • 改ざんが行われたデータではないことを証明する
  • 国税庁からの指示に基づいた取引データの条件検索をしやすくする
電子帳簿保存法改正への適合手段の一つとして採用される「タイムスタンプ」の役割として、次のうち正しいのはどれでしょうか?
  • 国税庁に支払う認証費の料金を勘定する
  • 改ざんが行われたデータではないことを証明する
  • 国税庁からの指示に基づいた取引データの条件検索をしやすくする
電子帳簿保存法改正への適合手段の一つとして採用される「タイムスタンプ」の役割として、次のうち正しいのはどれでしょうか?
  • 国税庁に支払う認証費の料金を勘定する
  • 改ざんが行われたデータではないことを証明する
  • 国税庁からの指示に基づいた取引データの条件検索をしやすくする
電子帳簿保存法改正への適合手段の一つとして採用される「タイムスタンプ」の役割として、次のうち正しいのはどれでしょうか?
  • 国税庁に支払う認証費の料金を勘定する
  • 改ざんが行われたデータではないことを証明する
  • 国税庁からの指示に基づいた取引データの条件検索をしやすくする
電子帳簿保存法改正への適合手段の一つとして採用される「タイムスタンプ」の役割として、次のうち正しいのはどれでしょうか?
  • 国税庁に支払う認証費の料金を勘定する
  • 改ざんが行われたデータではないことを証明する
  • 国税庁からの指示に基づいた取引データの条件検索をしやすくする
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
今回の電帳法・インボイス制度対応について、次のうち一番しっくり来る悩み・希望を選んでください
  • ・自社での移行手順が描けない
    ~現在の紙業務から電子化へのギャップが大きすぎる~
  • ・業務の全貌を把握できていない
    ~経理以外でも取引情報を管理している部署がありそう~
  • ・帳票の転記作業が煩わしい
    ~基幹システムが他のシステムと連携していない~
  • ・自社にフィットする解決手段が見つからない
    ~予算も人員も小規模なので、小回りの利くものを希望~
  • ・これをきっかけに働きやすさを向上させたい
    ~ここまで大規模な業務変更なら実務にメリットを出したい~
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
ソリューション導入検討において、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 保守的な従業員からの反発や抵抗
  • 部門横断での最適解を見出せるかが不安
  • 誤操作や万一の災害時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 従業員の誤解や誤操作による法規対応漏れのリスク
  • IT投資の費用
  • 慣れないITツールの導入による業務の混乱
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性
業務の電子化にあたり、次のうち最も心配なことはどれでしょうか?
  • 決裁者にも承認してもらえるだけの決め手・説得材料
  • 自社職員でも使いこなせる操作性のソリューション
  • 誤操作や万一のトラブル発生時にも維持・復旧できるシステムの堅牢性

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:0/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:1/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。
  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

先ずはこちらのページからご覧いただくことをおすすめ

どんな法律?
正しく知って的確な対応策を練りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 電帳法は2022年1月より施行されています。規制が厳格化された部分の罰則についてのみ2年間猶予が設けられています。

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • 厳格化されたのは、取引先から電子データで受け取る情報であり、これまでのように紙に印刷して保管することが禁止となりました。

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:2/3

  • タイムスタンプは、そのスタンプの時刻以前データであり、それ移行の更新や改ざんがなかったことを証明するために用いられます。

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

理解度チェックテストの結果

正解数:3/3

  • 素晴らしい!全問正解です。

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT熟練者不在の中での業務変更への不安

現在、業務で多くの紙を扱っていて、かつITに詳しい担当者が不在かもしくは少数のため、新たなツールの導入に対して漠然とした不安があるのではないかと思われます。
コニカミノルタジャパンでは、かんたん操作のソリューションと共に面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。今回の電帳法対応を機にお客様の業務効率化をステップアップさせていけるよう、包括的なご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ベテラン社員の見解に左右される変革の成否

アナログの作業に慣れたベテラン従業員がこれまで業務を切り盛りしてきているため、その人を説得するのはなかなか難しいのではないかという不安があるようです。今回、法改正への対応であることを後ろ盾として推進していきましょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

従業員数が少なく、ITや法律に関する知識も十分ではない中で、新たなソリューションを導入して業務を変えることに不安を抱えているようです。
「電帳法おたすけパック」は中小・零細企業の強い味方です。オプション設定される「スターターキット」では、法律に即した業務手順の規定方法などについてのガイダンスやいざという時のメール対応ヘルプデスクも含まれており、安心して経理業務の法規対応を薦めることができます。低額予算で始められる「仕分け名人 V2」も併用し、操作ミスの少ない電子化業務を推進しましょう。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

影響が見えない中で経験と勘が尊重される職場

部門横断での業務変更に関する打ち合わせでは、声の大きい「あの人」の反対意見でいつも頓挫する…そんな風潮はありませんか?その反対意見は本当に業務を熟知した観点で現状が最適という判断なのか、単にその人が保守的なだけなのかは、他部門からは断定的なことが言えないという悩みがあるようです。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の業務環境を綿密に網羅的に調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

沢山の選択肢はありながら、どれも決め手に欠ける検討状況

各社から様々なソリューションが販売されているけれど、Webで調べただけではどれが自社に最適なのかが分かりません。そもそも、自社の業務が「今どのようにして回っているのか」を把握できていなければ、「どう変えるべきか」の最適解など到底選出することはできないでしょう。
コニカミノルタジャパンでは、お客様の現状の業務環境を調査するところからスタートし、あるべき姿を目指して現実的な改革ステップをデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITに対する苦手意識と期待とが入り交じる電子化への挑戦

ITに対する不安は、紙との相対比較で「紙はコピーもとれるし、急に消えてなくなることがないので安心」という感覚があるのかも知れません。ITも十分に進化しており、様々な堅牢性、冗長性を確保して運用することが可能です。コニカミノルタジャパンは単なるソリューション販売にとどまらず、お客様の現状の業務環境を調査するところから始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて、あるべき姿をデザイン。お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

自由度の低いシステムにより人の苦労が減らない業務対応

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。メールやWord、Excelのようなオフィスソフトですら操作ミス、エラーがある中で新たなITツールの導入におよび腰になっていないでしょうか。
コニカミノルタジャパンではかんたん操作のソリューションと共に、面倒なITの保守もお任せいただける環境をご提供しております。電帳法対応を機に業務の電子化をステップアップいただけるご提案をいたします。

おすすめのアプローチ

ケース2.専任の経理部門を備える中堅企業の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

不可触領域が多く、これまで打開出来なかった業務改革

ERPなど会計情報に関わるシステムを導入しているものの、各種伝票とは連携しておらず手書きで転記するような、一見してムダと思われるような業務が多数存在していると思われます。その一方で、急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どの会社のソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないのではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ITにも法律にも明るくない人員で臨む業務変革

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場で、この法改正に漏れなく対応することに不安があるものと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっているほか、このサービスに含まれる「PCA電帳法スターターキット」により、法規対応に必要な業務手順の設定方法など、運用に必要な知識を分かりやすく得ることができます。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法適合のためにやるべきこと
「取り組み方」を知りたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

業務を変えたいけれど投資も限られているIT導入

人員数の少ない小規模のお客様でそこまで大きな投資はできないけれど、この法改正にどう対応するのがベストなのかについてお悩みと思います。
コニカミノルタジャパンでは非常にリーズナブルな投資でご利用いただける「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、各種ソリューションをご提供いたします。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

IT導入でもピンチをチャンスと捉えて改革を推進

人員数の少ない小規模のお客様で、法律にもITにも詳しい人がいない現場においても、この法改正をきっかけに業務効率化で生産性を上げていきたいという願望があるのではないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは「電帳法おたすけパック」をご用意しており、非常にかんたんな操作で電子取引の情報をミスなく処理できる仕組みになっています。また、紙伝票のスキャン保存に関しても「仕分け名人 V2」や「Dispatcher Phoenix」など、かんたん操作でご利用いただける各種ソリューションをご用意しております。

おすすめのアプローチ

ケース3.兼務者で経理業務を回している中小~小規模事業者の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

ソリューションの特質表だけでは最適解が見つからない導入IT選定

自社へのシステム導入を考えた時、単に電帳法・インボイス制度への対応だけを目的とすると、どのソリューションでもなかなかよい投資対効果が見込めないと思います。今回、ペーパーレス化、電子化で業務を大きく確実に効率化できる手段をお探しではないでしょうか。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。まずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

効果の大きいソリューションほど使いこなせないかもというジレンマ

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。
コニカミノルタジャパンでは法規対応をきっかけとして、お客様の経理業務からバックオフィス業務全般までを大きく効率化するための解決策を数多く持っています。先ずは電帳法対応を切り口として、その先の業務効率化を狙うなら、「ドキュメントソリューションサービス」をおすすめします。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

各種ソリューション候補から
自社の最適解を探している

詳しく見る

お悩み 簡易診断結果

大きな効果を生む業務改革を、安心して確実に実現したい野望有り

電帳法・インボイス制度の厳格化部分となる電子取引の保存対応も重要ですが、それ以外にも紙文書でやり取りしている取引情報を電子化し、ペーパーレスを実現したスマートなオフィスを望んではいないでしょうか。その際、現状からの変更規模が大きいほど気になるのが、業務の混乱ではないかと思います。さらには急ごしらえの追加システムで何か不具合があった時に業務が止まってしまうことも心配でしょう。
コニカミノルタジャパンではお客様の業務環境調査から始め、システムの冗長性やセキュリティー対策も含めて「あるべき姿」をデザインし、お客様の改革プロジェクト推進を支援します。

おすすめのアプローチ

ケース1.基幹システム導入済みの大企業の場合

改正法をチャンスと捉え、
自社の業務改革に活かしたい

詳しく見る