KONICA MINOLTA

magicolor×MacFan

close

magicolor×MacFan ケーススタディインタビュー

  • case1 magicolor7450×米谷テツヤ氏 『MacFan』のアートディレクターを務め、今では雑誌・書籍など年間100冊以上のデザインを手がける米谷テツヤ氏。そのすべてを、米谷氏はMacによるDTPで行っている。そんなDTPのプロフェッショナルの現場で、コニカミノルタのレーザープリンター「magicolor7450」はどう活かされているのだろうか?
  • case2 magicolor2550×鈴木みそ氏 本誌『Mac Fan 』の「X (てん)までとどけ」をはじめ、多数の連載を抱えるマンガ家の鈴木みそ氏は、マンガの制作工程においてデジタルとアナログを巧みに使い分けている。そのワークフローの中心にあるのが、コニカミノルタの「magicolor 2550 」だ。マンガ家ならではの使い方とは、どんなものだろうか。 インタビュー再生
  • case03 magicolor5570×竹澤宏氏 竹澤宏氏は、『MacFan』をはじめとする多数の雑誌や公告など、主に商用印刷物向けの写真を手がけるプロフォトグラファー。DTP黎明期よりMacを導入してデジタルワークフローを構築しながら、意図したとおりに写真を仕上げることに取り組んできた。そんな竹澤氏は、どのように「magicolor5570」を活用しているのだろうか。 インタビュー再生
MacFan掲載記事PDFダウンロード
「magicolorが実現するMacビジネス快適術」
PDF 第1回/MacFan8月号掲載(3MB)
PDF 第2回/MacFan9月号掲載(2.5MB)
PDF 第3回/MacFan10月号掲載(2.9MB)
カタログ・印字サンプルをご希望の方はこちらから
インタビュー再生