close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

PageScope Publisher

PageScope Publisher

版下データのイメージ編集・ファイル管理ソフトウエア

多彩な編集機能で高品質版下データを作成。紙原稿もデータとしてまとめて管理します。

イメージ・エディタ基本画面

イメージ・エディタ基本画面の写真

選択エリアの編集 【A】

ページ全体ではなく、希望の選択範囲をコピー・ペースト・サイズ変更・移動などを行うことができます。

エリア選択(内側)

ページ上の希望のエリアを選択します。選択したエリアは四角形で囲まれ必要に応じて編集を行えます。

エリア選択(外側)

選択したエリアを反転する機能です。描いた四角形の外側が選択エリアになり編集を行います。

領域移動機能

領域移動機能の画面 任意の範囲の画像を上下左右の場所に移動します。移動量も任意で指定が可能です。

消しゴム機能 【B】

メモ書きや貼り付け原稿の取込時に発生する黒線や、ページの不要な箇所を削除する機能です。

消しゴム機能の画面

アノテーション機能 【C】

アノテーション機能を利用して、文や図をページに追加することができます。

ラインアノテーション機能

線ツールを使ってアノテーションを付けます。必要に応じて線の太さを変えることもできます。

四角形アノテーション機能

四角形ツールを使ってアノテーションを付けます。

テキストアノテーション機能

通常の用紙に書くように、ページ上に直接書くことができます。情報を追加・修正したい場合に便利です。

画像アノテーション機能

ページ上に画像を挿入します。PageScope Publisher対応の画像ファイルを挿入できます。

アノテーション機能によるデータ修正の流れの解説

拡張機能 【D】

ドキュメントハンドリング時に有効な各表示機能を装備。吸着機能もあり編集・加工をスムーズに進めることができます。

白黒反転機能

黒が白、白が黒に反転表示します。より正確な作業が行えます。

グリッド表示

幅調整が可能なグリッドをページ上に表示します。

ガイド表示

任意の位置に基点を調整できるガイド(基準線)の表示機能です。

孤立点除去機能 【F】

スキャン文書に発生する不要な斑点等を除去する機能です。また、ランダムノイズ(染み・縞)も除去します。

孤立点除去機能の解説図

かすれた線を太線化 【G】

画像内のかすれた線をはっきりさせる機能です。ページ内のかすれた線を検出し太線にします。

傾き補正機能 【H】

傾いた原稿を補正する機能です。イメージエディタでは3つの方法で補正が可能です。

自動傾き補正

指定したページに自動で傾き補正処理を行います。

線による傾き補正

ページ上に線を引き、その線に対して傾きを補正します。

手動傾き補正

指定した角度に対してページをまっすぐに補正します。

傾き補正機能の解説図

ヘッダ/フッタを追加する 【I】

「ヘッダ/フッタ」ダイアログの画面 取り込んだ画像に新たにヘッダ・フッタを追加する際に使用します。また、ノンブルを付ける事も可能です。

ページにトンボを付ける 【J】

「トンボ設定」ダイアログの画面 トンボツールを使うことにより、3種類の中から選択したトンボを表示することができます。DTPにおいて重要視される挿入機能です。

PageScope Publisherのワークフロー

PageScope Publisherのワークフロー

ページトップへ戻る