close

サービス

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

bizhub PRESS C1100 / C1085

高い生産性と用紙対応力

バリエーションに富んだ印刷注文を高速処理、大量生産、連続稼働したいというご要望に余裕をもって応えます。高生産性だけでなく用紙の対応幅も広がり、従来出力が難しかった薄いコート紙のチラシや、厚紙を使ったディスプレイなども、安定して高速に出力できます。

多種多様なジョブを大量に処理できる高生産性

bizhub PRESS C1100 / C1085は、55g/m2の薄紙から350g/m2の厚紙まで生産性低下がなく、100%の生産性を確保。バリエーションに富んだ用紙を短納期で大量に作成できます。厳しい納期に耐える安心の生産能力で、お客様のビジネス拡大を支援します。

100%の生産性

新開発の大径上定着システムとデジタルトナーHDEとの相乗効果により、55~350g/m2において毎分100枚の高速プリントを達成。定着ベルトは、定着ローラの改良でコンタクト面積が広がり、さらに最適化により熱伝導を迅速かつ均一化。優れたトナー定着特性と高生産性を実現しています。

A4ヨコ、C1100にて(C1085は毎分85枚)

ニップ幅を拡大し生産性が向上

新開発サクションフィーダー

給紙ユニット[PF-707 / PF-708]にはエアサクションベルト給紙を採用。エアアシスト機能によるサイドエアに加え、前方よりエアを吹き込み用紙を捌き、サクションベルトに用紙を吸着させて搬送します。紙種に合わせた最適なエア制御や、ベルト給紙時の圧着面積を改良することで、厚紙やコート紙に対してもより安定した給紙を可能にしています。

オプション

サクション方式給紙の優位点 ・紙粉の影響を受けにくくミスフィードを防ぎます。 ・メンテナンスサイクルが長く、ダウンタイムを短くします。

バラエティーに富んだ用紙を大量にセット

フルオプション構成により、バリエーションに富んだ用紙を9種類、最大給紙容量13,890枚と最大排紙容量10,000枚まで給排紙システムの拡張が可能です。給排紙ともにプリント稼働中の用紙補給や用紙取り出しにも対応しており、大量のカタログジョブを余裕で処理します。

2連以上のPF-707、708設置時にバイパスオプションとして、FA-502の接続が必要です。
給排紙容量はすべて80g/m2紙時。

PF-708またはPF-707 PF-707

見当合わせを効率化する表裏調整機能

両面印刷時における表裏の位置や倍率のズレを補正する表裏調整機能を強化。新たに追加されたスキャン測定調整機能は、スキャナーを利用して自動的に裏面位置調整を行うため、スケールで測定する手間を省けます。また、全てプリンター本体のパネルで実施でき、調整結果も保存できるため、見当調整作業の大幅な効率化を実現します。

オプションの[PF-708]装着時

調整チャート1枚につき4回スキャン。最大20枚の調整チャートをスキャンし測定。そのズレの平均値から裏面の倍率および印刷位置を調整します。

幅広い用紙を処理できる高い用紙対応力

bizhub PRESS C1100 / C1085は高い用紙汎用性を備えており、用紙への熱や搬送によるダメージを低減することが可能となりました。55~350g/m2の用紙斤量に、はがきサイズ~330×487㎜の用紙サイズと幅広くサポート。特殊印刷に求められる市場ニーズに余裕をもって応えます。

コート紙は80~350g/m2に対応

高い用紙汎用性

メディア対応力を強化するため定着システムを新たに開発。エアーブロー定着分離機構に新設のインレットローラと定着ベルトステアリングを配置することで、薄紙から厚紙での搬送信頼性が高まり、プリント・オンデマンドの多品種ニーズに対応できます。

定着ベルトステアリング機構 ローラスイング制御によりベルト寄りを補正

高い画像位置精度

高精度レジストレーション機構は、従来の紙曲り検知・自動調整機構に中間搬送ローラニップ解除機構とレジストユニットのスキュー調整機構を組み合わせ、高い表裏見当精度を実現します。

スキュー調整時に圧離ローラのニップが解除されることで、より正確な調整が可能。

用紙を有効利用する印字領域

最大330×487mmの不定形サイズの用紙を積載可能。印字領域も最大321×480mmに対応し、A3サイズのトンボ付き全面印刷はもちろん、A4サイズのトンボ付き2面印刷も可能です。

最大印字領域 321mm×480mm


企業レポート


チラシ、ポスター


パッケージサンプル


ショップカード


メニュー


フォトブック


パーソナルカレンダー

bizhub PRESS C1100 / C1085 関連情報

ページトップへ戻る