close

サービス

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

bizhub PRESS C1100 / C1085

作業効率を高めるオペレーション

出力前段階であるオペレーションにより品質や納期は左右されます。作業工数を減らし、合理的で高効率なワークフロー構築が必要となります。

目の肥えたクライアントにも納得の品質をいかに迅速に効率よく生み出せるか。出力性能に加えてオペレーション能力も大変重要となります。bizhub PRESS C1100 / C1085は、エンジンとの親和性の高いプリントコントローラーに、定評あるFieryプリントサーバーの2種を用意。高度なカラーマネジメントに準拠し、オフセット印刷と同基準での色管理を手軽に実現できます。

コニカミノルタプリントコントローラー[IC-602C] ※オプション

本体パネルによるジョブ管理・編集

直感的かつ効率的なジョブマネジメントが可能。優れた操作性で、ジョブチケット編集やページ編集を行えます。さらにColor Centroと同じ操作でトーンカーブ調整も行えます。また、USBマウスを本体に接続することでPCのような使い勝手を実現します。


トンボ印字機能画面


トーンカーブ調整画面

APPE3.4標準搭載

Adobe純正のAPPE3.4(Adobe PDF Print Engine3.4)を搭載。プリンタードライバーを介さずPDFをダイレクトに処理することで、透明効果を適切に処理します。

元データ、APPEによる出力結果、CPSI による処理

Color Centro( カラーマネジメントユーティリティー)

カラーマネージメント用ソフトウェアを標準装備。3次元での高精度なキャリブレーションを行うExact Colorを搭載し、従来の1次元キャリブレーションに比べ、色補正能力が大幅に向上しています。色補正やカラープロファイル作成、シミュレーションなど、本体に適した色に関する作業や編集、設定を行えます。

■Exact Colorと1次元キャリブレーションの色補正能力比較

高精度な分光濃度計

高精度コニカミノルタ製分光濃度計FD-5BT2※1を用いてICCプロファイル作成やキャリブレーションが手軽に行えます。さらに表示付き単体濃度計として刷版印刷現場での活用も可能です。
上位機種である自動スキャン分光測色計FD-9※2も利用できます。

※1
オプション(IC-602リモートキットに同梱)
※2
オプション


FD-5BT2


FD-9

Job Centro 2.0( ジョブマネジメントユーティリティー)

PCにおいても優れたインターフェイスでのジョブ管理が可能です。より高い操作性に配慮した画面構成に、インジケーターやサムネイル表示などを取り入れ、オペレーティングを効率化します。

  • 本体パネルやプリンタードライバーとの高い親和性
  • シームレスなジョブ管理を実現
  • 同一画面からColor Centroの起動が可能

JDF対応によりオフセット印刷とシームレスな連携

印刷工程間におけるジョブの指示・伝達フォーマットであるJDFに対応。APOGEE、EQUIOS、PrinergyといったメジャーなCTPワークフローRIPとのJDF相互連携により、オペレーターが使い慣れたCTP用RIPをそのまま利用でき、オフセット印刷とシームレスなハイブリッドワークフローを構築できます。オフセット印刷の出力選択肢がデジタルプリントまで広がり、柔軟な対応を可能にします。

APOGEEはAgfa社製、EQUIOSは大日本スクリーン製造(株)製、PrinergyはKodak社製のCTPワークフローRIPです。

Fieryプリントサーバー[IC-308]

高速処理&高画質

1200dpi×8bitのリッピングと毎分100枚(A4ヨコ)のプリントエンジンに対応した高速処理を実現。また、幅広いカラープロファイルで、自在なカラーマネジメントが可能になります。

C1100の場合(C1085は毎分85枚)

カラーマネジメント

アプリケーションやファイルフォーマットを問わず、CMYK、RGB、スポットカラー等の各カラースペースごとにカラー管理を行い、プルーフや最終成果物の制作など、目的に合わせたカラーマネジメントを適用します。

APPE3.0搭載

新しいレンダリングエンジンAPPE3.0(Adobe PDF Print Engine3.0)を搭載。PDFの透明効果処理を標準でサポートします。

Command WorkStation

ジョブセンターとデバイスセンターの2画面でPCからジョブを効率的に管理します。

ジョブセンター

すべてのジョブ管理機能を統合します。

  • ドラッグ&ドロップによる直感的な操作。
  • ジョブとサーバーの情報が同一画面で把握できます。
  • 使用機能にあわせツールバーをカスタマイズ可能。
  • RIP処理前 / 後のジョブをフル画面でプレビュー表示できます。

デバイスセンター

サーバー設定機能を1つの画面に集約できます。

  • 直感的なカラー設定ツールによる自在なプロファイルシュミレーションを設定可能。
  • 用紙カタログを搭載し、本体とコントローラーいずれからでもトレイ設定が可能。
  • 効率的なジョブログ管理機能。

bizhub PRESS C1100 / C1085 関連情報

ページトップへ戻る