close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

AccurioPress C6100 / C6085

AccurioPress C6100 / C6085

優れた利便性と使い勝手で合理的な出力環境の構築を支える。

出力性能を最大限に引き出し、色管理を効率化する高機能コントローラーを用意。最適なワークフローを確立し、オペレーション能力を高めます。

コニカミノルタプリントコントローラー[IC-604] ※オプション

本体パネルによるジョブ管理・編集

データハンドリングを効率化

直感的かつ効率的なジョブマネジメントが可能。優れた操作性で、ジョブチケット編集やページ編集を行えます。さらに、Color Centroと同じ操作でトーンカーブ調整も行えます。また、USBマウスを本体に接続することでPCのような使い勝手を実現します。

トーンカーブ調整画面 ジョブチケット編集画面

Color Centro

カラーマネジメントユーティリティー

カラーマネジメント用ソフトウェアを標準装備。3次元での高精度なキャリブレーションを行うExact Colorを搭載し、従来の1次元キャリブレーションに比べ、色補正能力が大幅に向上しています。また、Exact Colorを始め、色検証、G7キャリブレーション、ICCプロファイル作成など、本体に適した色に関する編集、設定がパソコン不要で行えます。

高精度な分光濃度計

高精度コニカミノルタ性分光濃度計FD-5BT2※1を用いて、ICCプロファイル作成やキャリブレーションが手軽に行えます。さらに表示付き単体濃度計として刷版印刷現場での活用も可能です。上位機種の自動スキャン分光測色計FD-9※1も利用できます。

※1:
オプション

FD-5BT2
FD-5BT2

FD-9
FD-9

APPE 4.2標準搭載

APPE 最先端の印刷再現機能

Adobe純正のAPPE 4.2(Adobe PDF Print Engine 4.2)を搭載。プリンタードライバーを介さずPDFをダイレクトに処理することで、透明効果を適切に処理します。

Job Centro 2.0

ジョブマネジメントユーティリティー

PCにおいても優れたインターフェイスでのジョブ管理が可能です。より高い操作性に配慮した画面構成に、インジケーターやサムネイル表示などを取り入れ、オペレーティングを効率化します。

JDF対応

オフセット印刷とシームレスな連携

印刷工程間におけるジョブの指示・伝達フォーマットであるJDFに対応。APOGEE、EQUIOS、Prinergy※1といったメジャーなCTPワークフローRIPとのJDF相互連携により、オペレーターが使い慣れたCTP用RIPをそのまま利用でき、オフセット印刷とシームレスなハイブリッドワークフローを構築できます。オフセット印刷の出力選択肢がデジタルプリントまで広がり、柔軟な対応を可能にします。

※1:
APOGEEはAgfa社製、EQUIOSは株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ製、PrinergyはKodak社製のCTPワークフローRIPです。

Fieryプリントサーバー[IC-313 Ver2.2] ※オプション

APPE 4.4標準搭載

高性能な印刷プラットフォーム

レンダリングエンジンAPPE 4.4(Adobe PDF Print Engine4.4)を搭載。PDFの透明効果処理を標準でサポートします。

CommandWorkStation

印刷ジョブ管理インターフェース

ジョブセンターとデバイスセンターの2画面でPCからジョブを効率的に管理します。

ジョブセンター

ジョブセンター
すべてのジョブ管理機能を統合します。

デバイスセンター

デバイスセンター
サーバー設定機能を1つの画面に集約できます。

オフィス機との連携

OpenAPI/IWS対応

オフィス機と連携可能なアプリ対応

オフィス機との連携のために、bizhub Connectorに対応。本体内部にアプリケーションを追加登録することで、本機の操作パネルから各種クラウドサービス※1や、SharePoint Server※2に接続し、スキャンデータのアップロードやダイレクトプリントなど、外部サービスとの連携を実現できます。また、OpenAPI ver4.7を搭載し、認証や課金、ユビキタスプリントなどのソリューションアプリを活用できます。

※1:
Google Drive、Gmail、Evernote
※2:
SharePoint Server 2007/2010/2013/2016

AccurioPress C6100 / C6085 関連情報

ページトップへ戻る