close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

bizhub PRESS 2250P

転写紙濃度センサーによる高精度な表裏画像濃度調整。

中継搬送ユニットRU-509に搭載された転写紙濃度センサーを使用すれば、簡単な操作で表裏の画像濃度を高精度に調整できます。調整方法は状況に合わせ「手動調整」と「自動調整」の2種類を使い分け可能。さらに、表裏濃度の調整後の画像品質を維持するために、IDC (Image DensityControl) センサーを用いた濃度制御に加え、カバレッジ変動による濃度変化予測制御を新たに搭載し、濃度安定性を向上しました。(オプション)

図:《濃度調整から濃度安定化までのフロー》自動調整の場合
※ RU-509 搭載時のみ可能

ユーザー調整メニュー→表裏最高濃度調整パターン印刷→最高濃度検出・自動調整→表裏中間調濃度調整パターン印刷→中間調濃度検出・自動調整→調整完了→IDC センサーによる濃度の安定化

曲り補正機能による表裏見当精度の向上。

タンデムユニットTD-501に搭載された曲り補正機能が、用紙の搬送時に起こる用紙の傾きなどを自動補正。後加工処理に欠せない表裏の見当精度がさらに向上しました。

TD-501

1,200×1,200dpi のRIP 解像度による高画質設計。

プリントヘッドにLED(Light Emitting Diode)を採用し、リアル1,200dpiの高解像度を実現。小さな文字や、細線の再現性向上に加えて、より高いスクリーン線数によるなめらかなハーフトーン画質の再現を達成しています。

bizhub PRESS 2250P 関連情報

ページトップへ戻る