close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

bizhub PRESS 1250 / 1250P / 1052

bizhub PRESS 1250 / 1250P / 1052

125ページ/分のスピード印刷

片面・両面出力とも毎分125ページ(A4・ヨコ)の高速性。プロダクションプリント分野で使用頻度の高いA3サイズの出力も毎分70ページで、短納期の大量オーダーへのすばやい対応を可能にします。トナーや用紙の補給も稼働中に行え、ダウンタイムを軽減し生産性を維持できます。

1250/1250Pにて40~216g/m2紙時 (紙種、環境による制限あり)

RIPスピードの高速化

CPUやデータ処理方法の高速化・最適化によりRIP速度が大きく向上。
印刷スピードを最大限に活かす高速処理で、生産力をより高めます。

タンデムシステム対応

ひとつのジョブを2台に分割、並行処理するタンデムシステムに拡張可能。
最大で毎分250枚の高速出力が実現します。通常時は2台を別々に稼働させ、ジョブ集中時にはタンデムシステムとして活用するなど、受注状況に応じて柔軟に対応できます。

1250/1250PにてA4・ヨコ、40~216g/m2紙時 (紙種、環境による制限あり)

2台が同じオプション構成の場合に有効です。
HUBを介在して2台のマシンをLANケーブルで接続する必要があります。

用紙への幅広い対応力

さまざまな紙種に対応

アート紙やコート紙といった平滑度の高い塗工紙や、ノンカーボン紙や追い刷り紙、さらにエンボス紙へも対応幅を拡大し、さまざまな用紙の使用を実現しています。また、用紙給送経路の改善により40g/m2薄紙の対応力を強化。40~216g/m2にて、紙種による制限を極力除き100%の生産性を維持しています。

A3フルトンボ出力に対応

本体トレイで最大324×463mmの用紙を積載可能。オプションの3段給紙トレイ[PF-703 TypeB]は最大324×483mmの用紙を扱え、印字領域も最大314×483mmまで対応できます。ハガキサイズもオプション装着で出力可能です。

40~350g/m2の対応用紙坪量

本体トレイは40~300g/m2、3段給紙トレイは最大350g/m2の対応坪量を実現。両面印刷も最大300g/m2の用紙を扱えます。

オプション

ゆとりある給排紙容量で、ペーパーハンドリングを円滑化

最大14,000枚の大容量給紙

本体トレイ3,000枚、オプションの3段給紙トレイPF-706(6,000枚)とPF-703 TypeB(5,000枚)の組み合わせで合計14,000枚の最大給紙容量を確保できます。稼働中でも他トレイの用紙補給を行えるため、オートトレイスイッチ機能と併用することで用紙切れによる生産性低下を防止することができます。

大容量スタッカー[LS-505 TypeB]

5,000枚収容可能な台車付きスタッカーを用意しました。3連装着で最大15,000枚の大容量スタッキングが可能。排紙後は台車でそのまま取り出し、次の工程への運搬が容易に行えます。ゆとりの排紙容量で業務を効率化します。

オプション

エア吸引給紙方式

大容量給紙トレイ[PF-703 TypeB]は、エアによる吸引給紙方式を採用。エアアシスト機能による横側面からのエアに加え、前側面からもエアを吹き込み、エアサクションでベルトに用紙を吸着させて送り出します。従来のローラー給紙方式に比べ、紙粉や打ち粉の付着を抑えるとともに、ローラーの摩耗によるスリップも防げ、より安定した搬送が可能です。また、用紙に合わせてエアの強さや吹きつけ時間を自動で制御し、最適な条件で給送を行います。

オプション

重送検知センサー

印刷されていない白紙が出力物に混在するのを防ぐ重送検知センサーを搭載しています。用紙から反射する超音波量の違いにより検知を行い、重送検知時は、自動で印刷をストップします。白紙の混入を防ぎ、印刷ロスやミスを最小限にとどめます。

紙曲がり検知センサー

画像の位置ズレを防ぐ、紙曲がり検知センサーを搭載。転写紙の到達時間と出力速度から曲がり量を算出し、設定した曲がり量を超えた場合に自動的に印刷を停止します。印刷ミスや後加工におけるトラブルを未然に防ぐことができます。

ハイブリッドデカール機構

オプションのRU-509 TypeBには機械式デカール機構と加湿式デカール機構[HM-102 TypeB]のカール除去装置を搭載。コート紙は機械式デカール機構を、非コート紙には加湿式デカール機構を利用するなど、用紙に合わせ最適なカール除去によって、冊子でのばらつきを防ぎます。

オプション

機械式デカール機構

RU-509 TypeBに標準装備。屈曲ジグザグ通路を通紙し、カールを低減。補正強度は5段階の調整が可能で、薄紙や厚紙などの用紙に適したカール除去を行います。

加湿式デカール機構

加湿によって非コート紙のカールを除去するほか、用紙の除熱および静電気の発生低減により用紙の吸着を抑制します。

オプションの中継搬送ユニット[RU-509 TypeB]と加湿キット[HM-102 TypeB]装着時

bizhub PRESS 1250 / 1250P / 1052 関連情報

ページトップへ戻る