close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

AccurioLabel 190

AccurioLabel 190

最大1,195×240mmの連続印刷が可能

連続バナーサイズ印刷に対応

幅240mmに最長で1,195mmまでの連続印刷に対応しています。1,195mmのアドバンテージを活かした長尺パネルはもちろん、サイズの異なるラベルを効率よく面付けして印刷することで、用紙の有効活用にも繋がります。

【POINT】長尺対応で広がる印刷用途

店舗装飾や床貼りPOPといったラベルのほか、長尺ポスターやサインボードなどラベル以外のさまざまな用途に利用できます。ラベルと合わせたメディアミックスでの販促提案を行え、事業展開の拡大にも貢献します。

製版不要で高い柔軟性を表現

小ロット・多品種ジョブにも費用を抑え柔軟に対応

アナログ機で必要となる製版が不要で、試し刷りの際に発生していたヤレ紙を、先頭から安定かつ正確に出力することで削減可能となります。またデジタル化による人件費の削減により、中小ロットのアナログラベル機と比較し、生産コストの低減を実現できます。

アナログ機と比較して…[製版不要]+[ヤレ紙の大幅減少]=[コスト削減]

【POINT】トータルタイムの短縮化

医薬品ラベルなどに見られる品目や管理番号を印字する多品種ジョブ。アナログ機では版替え作業が頻繁に発生し、稼働率は低下し生産数にも限りがあります。デジタル機ではジョブを細かに切り替えでき、作業時間が短縮。納期への対応力も高まります。

アナログ機とデジタル機の作業時間比較イメージ

ページトップへ戻る