close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

bizhub 1830 / 1830f

bizhub 1830 / 1830f

多彩な機能と高い信頼性でビジネスをサポート 

最大2,000件の宛先登録 

ファクスの宛先表には500件の登録が可能です。さらに、Information server 5キットを装着することで、最大2,000件の宛先登録も可能。宛先番号は、0001~9999番から任意に選択できるので、店番管理などにも便利です。

回転仕分け機能

給紙ユニットにA4タテとA4ヨコの用紙をセットしておけば、ファクスの受信ジョブごとにタテヨコ交互に排紙でき、簡単に仕分けができるようになり、取り間違いなどを防止することができます。

受信ファクスの自動配信

受信したファクス文書を、相手先の発信元番号やナンバーディスプレイ番号などで仕分けし、自動的に他のファクスに転送できます(自動配信機能)。50件の登録ができ、曜日や時刻によって配信のON/OFFをはじめ、高中低の優先度の設定も可能です。


※ナンバーディスプレイの契約が必要です。
*たとえば、日曜日に受信した得意先A社からのファクスは自宅へ転送することなどが可能です。

ファクスセキュリティー機能

ファクスの送信開始前に、テンキーから入力した宛先番号を再入力することで間違いがないか確認できる「ダイヤル2度押し」をはじめ、「同報禁止」などの多彩なファクスセキュリティー機能が使えます。

FASECとは、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)がファクシミリ通信のセキュリティー向上を目指して制定したガイドラインの呼称です。FASEC のロゴマークは、このガイドラインに準拠したファクシミリ・複合機に使用されます。
  • ダイヤル2度押し
  • 宛先確認
  • 同報禁止
  • IDチェック送信
  • セキュリティーメモリー受信
  • ダイレクトメール防止
  • 閉域通信(同機種間のみ可)
  • パスコードポーリング(同機種間のみ可)

その他のファクス機能

  • 送信予約:100件
  • 90度回転送受信
  • 時刻指定送信
  • ミックス原稿送信(同系列)
  • ワンタッチキー:80ヵ所(ハードキー/ 短縮宛先の内数) 
  • 同報最大:530件/2,030件
  • グループ送信:32/200グループ 
  • 発信元選択:3件
  • 済スタンプ
  • 代行受信:250件
  • ページ合成受信
  • 通信管理レポート/ 日報
オプション

bizhub 1830 / 1830f 関連情報

ページトップへ戻る