ホーム目的から探す他のシステムやアプリケーションと連携したい

他のシステムやアプリケーションと連携したい

コンピューターから本機の情報の取得や監視をするため、SNMPを設定するには([SNMP設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [ネットワーク]
        • [SNMP設定]

SNMP(Simple Network Management Protocol)を使って、本機の情報の取得や監視をするための設定をします。

設定

説明

[SNMP設定]

SNMPを有効にする場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [SNMP v1/v2c(IP)]:SNMP v1またはSNMP v2を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [SNMP v3(IP)]:SNMP v3を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

[UDPポート設定]

必要に応じて、UDPポート番号を変更します(初期値:[161])。

[SNMP v1/v2c設定]

SNMP v1/v2cに関する設定をします。

  • [Read Community Name]:読取り専用のコミュニティー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、15文字以内)(初期値:[public])。

  • [Write Community Name]:読み書きを許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。また、読み書き可能なコミュニティー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、15文字以内)(初期値:[private])。

[SNMP v3設定]

SNMP v3に関する設定をします。

  • [Context Name]:コンテキスト名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角63文字以内)。

  • [Discovery User Name]:検出用ユーザーを許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。また、検出用ユーザー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、32文字以内)(初期値:[public])。

  • [Read User Name]:読取り専用のユーザー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角32文字以内)(初期値:[initial])。
    [Security Level]:読み書き可能ユーザーの、セキュリティレベルを選びます(初期値:[auth-password/priv-password])。
    [auth-password]:[Security Level]で[auth-password]または[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読取り専用ユーザーの、認証パスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。
    [priv-password]:[Security Level]で[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読取り専用ユーザーの、プライバシ(暗号)に使うパスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。

  • [Write User Name]:読み書き可能ユーザーのユーザー名を入力します(半角32文字以内)(初期値:[restrict])。
    [Security Level]:読み書き可能ユーザーの、セキュリティレベルを選びます(初期値:[auth-password/priv-password])。
    [auth-password]:[Security Level]で[auth-password]または[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読み書き可能ユーザーの、認証パスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。
    [priv-password]:[Security Level]で[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読み書き可能ユーザーの、プライバシ(暗号)に使うパスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。

  • [暗号化アルゴリズム]:暗号化アルゴリズムを選びます(初期値:[DES])。

  • [認証方式]:認証アルゴリズムを選びます(初期値:[MD5])。

[TRAP許可設定]

SNMPのTRAP機能に関する設定をします。

  • [許可設定]:SNMPのTRAP機能を使った本機の状態の通知を許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [認証失敗時のTRAP設定]:認証失敗時にTRAP送信を行う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

ネットワーク上のサービスを探索するため、SSDPを設定するには([SSDP設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [ネットワーク]
        • [SSDP設定]

SSDP(Simple Service Discovery Protocol)を有効にすると、本機が提供可能なサービスを、ネットワーク上のソフトウェアや他のサービスが探索できるようになります。また、本機でサービスが開始したことを通知できます。

OpenAPIなどのサービスを利用するときに設定します。

設定

説明

[SSDP]

SSDPを有効にする場合は、オンにします(初期値:オン)。

[マルチキャストTTL設定]

必要に応じて、SSDPマルチキャストパケットのTTL(Time To Live)を変更します(初期値:[1])。

TWAINドライバーから本機を自動検出するため、SNMPを設定するには([SNMP設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [ネットワーク]
        • [SNMP設定]

SNMP(Simple Network Management Protocol)を使って、本機の情報の取得や監視をするための設定をします。

設定

説明

[SNMP設定]

SNMPを有効にする場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [SNMP v1/v2c(IP)]:SNMP v1またはSNMP v2を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [SNMP v3(IP)]:SNMP v3を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

[UDPポート設定]

必要に応じて、UDPポート番号を変更します(初期値:[161])。

[SNMP v1/v2c設定]

SNMP v1/v2cに関する設定をします。

  • [Read Community Name]:読取り専用のコミュニティー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、15文字以内)(初期値:[public])。

  • [Write Community Name]:読み書きを許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。また、読み書き可能なコミュニティー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、15文字以内)(初期値:[private])。

[SNMP v3設定]

SNMP v3に関する設定をします。

  • [Context Name]:コンテキスト名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角63文字以内)。

  • [Discovery User Name]:検出用ユーザーを許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。また、検出用ユーザー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、32文字以内)(初期値:[public])。

  • [Read User Name]:読取り専用のユーザー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角32文字以内)(初期値:[initial])。
    [Security Level]:読み書き可能ユーザーの、セキュリティレベルを選びます(初期値:[auth-password/priv-password])。
    [auth-password]:[Security Level]で[auth-password]または[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読取り専用ユーザーの、認証パスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。
    [priv-password]:[Security Level]で[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読取り専用ユーザーの、プライバシ(暗号)に使うパスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。

  • [Write User Name]:読み書き可能ユーザーのユーザー名を入力します(半角32文字以内)(初期値:[restrict])。
    [Security Level]:読み書き可能ユーザーの、セキュリティレベルを選びます(初期値:[auth-password/priv-password])。
    [auth-password]:[Security Level]で[auth-password]または[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読み書き可能ユーザーの、認証パスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。
    [priv-password]:[Security Level]で[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読み書き可能ユーザーの、プライバシ(暗号)に使うパスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。

  • [暗号化アルゴリズム]:暗号化アルゴリズムを選びます(初期値:[DES])。

  • [認証方式]:認証アルゴリズムを選びます(初期値:[MD5])。

[TRAP許可設定]

SNMPのTRAP機能に関する設定をします。

  • [許可設定]:SNMPのTRAP機能を使った本機の状態の通知を許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [認証失敗時のTRAP設定]:認証失敗時にTRAP送信を行う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

TCP Socketの使用環境を設定するには([TCP Socket設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [ネットワーク]
        • [TCP Socket設定]

TCP Socketを介して通信するための設定をします。

設定

説明

[TCP Socket]

TCP Socketを使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [ポート番号]:必要に応じて、TCP Socketのポート番号を変更します(初期値:[59158])。

[SSL/TLS使用]

SSLで通信する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [ポート番号(SSL/TLS)]:必要に応じて、SSL通信用のポート番号を変更します(初期値:[59159])。

Mopria対応のAndroid端末に、本機の検索時に、本機のMopria対応情報を通知するには([Mopria設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [ネットワーク]
        • [Mopria設定]

本機でMopriaを使うための設定をします。

設定

説明

[プリント設定]

こちら

モバイル端末と連携するための設定をするには([簡単接続設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [環境設定]
        • [システム連携設定]
          • [モバイル連携設定]

モバイル端末との連携に関する設定をします。

設定

説明

[簡単接続設定]

モバイル端末と連携するための機能を設定します。

  • [QRコード表示設定]:本機の無線接続情報をQRコードで表示する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [NFC使用設定]:NFCを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [Bluetooth LE使用設定]:Bluetooth LEを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

[無線接続使用設定]

モバイル端末から本機に無線接続するための設定をします。[簡単接続設定]で[QRコード表示設定]、[NFC使用設定]のいずれかを使用する場合に設定できます。

  • [無線接続使用設定]:モバイル端末から本機に無線接続する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [無線接続方法]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報の設定方法を選びます(初期値:[本体無線設定に従う])。
    この設定は、本機を無線ネットワーク環境に接続してお使いの場合に表示されます。

  • [個別設定]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報を設定します。
    [SSID]:アクセスポイントのSSIDを入力します(半角32文字以内)。
    [認証・暗号化アルゴリズム]:認証または暗号化に使用するアルゴリズムを選びます(初期値:[認証・暗号化なし])。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]を選んだ場合は、[WEPキー入力方式]と[WEPキー]を設定します。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]、[認証・暗号化なし]以外のアルゴリズムを選んだ場合は、[パスフレーズ入力方式]と[パスフレーズ]を設定します。

[ネットワークI/F構成]が[無線のみ]に設定されている場合は、本機の無線設定の設定値を適用してペアリングを行うため、この設定は表示されません。

[タッチ連携アプリ設定]

Android端末を本機のモバイルタッチエリアにかざしたとき、優先して起動するアプリを選びます(初期値:[Konica Minolta Mobile Print])。

モバイル端末と無線接続をするための設定をするには([無線接続使用設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [環境設定]
        • [システム連携設定]
          • [モバイル連携設定]

モバイル端末との連携に関する設定をします。

設定

説明

[簡単接続設定]

モバイル端末と連携するための機能を設定します。

  • [QRコード表示設定]:本機の無線接続情報をQRコードで表示する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [NFC使用設定]:NFCを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [Bluetooth LE使用設定]:Bluetooth LEを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

[無線接続使用設定]

モバイル端末から本機に無線接続するための設定をします。[簡単接続設定]で[QRコード表示設定]、[NFC使用設定]のいずれかを使用する場合に設定できます。

  • [無線接続使用設定]:モバイル端末から本機に無線接続する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [無線接続方法]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報の設定方法を選びます(初期値:[本体無線設定に従う])。
    この設定は、本機を無線ネットワーク環境に接続してお使いの場合に表示されます。

  • [個別設定]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報を設定します。
    [SSID]:アクセスポイントのSSIDを入力します(半角32文字以内)。
    [認証・暗号化アルゴリズム]:認証または暗号化に使用するアルゴリズムを選びます(初期値:[認証・暗号化なし])。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]を選んだ場合は、[WEPキー入力方式]と[WEPキー]を設定します。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]、[認証・暗号化なし]以外のアルゴリズムを選んだ場合は、[パスフレーズ入力方式]と[パスフレーズ]を設定します。

[ネットワークI/F構成]が[無線のみ]に設定されている場合は、本機の無線設定の設定値を適用してペアリングを行うため、この設定は表示されません。

[タッチ連携アプリ設定]

Android端末を本機のモバイルタッチエリアにかざしたとき、優先して起動するアプリを選びます(初期値:[Konica Minolta Mobile Print])。

モバイル端末をモバイルタッチエリアにかざしたとき、優先して起動するアプリケーションを設定するには([タッチ連携アプリ設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [環境設定]
        • [システム連携設定]
          • [モバイル連携設定]

モバイル端末との連携に関する設定をします。

設定

説明

[簡単接続設定]

モバイル端末と連携するための機能を設定します。

  • [QRコード表示設定]:本機の無線接続情報をQRコードで表示する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [NFC使用設定]:NFCを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [Bluetooth LE使用設定]:Bluetooth LEを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

[無線接続使用設定]

モバイル端末から本機に無線接続するための設定をします。[簡単接続設定]で[QRコード表示設定]、[NFC使用設定]のいずれかを使用する場合に設定できます。

  • [無線接続使用設定]:モバイル端末から本機に無線接続する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [無線接続方法]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報の設定方法を選びます(初期値:[本体無線設定に従う])。
    この設定は、本機を無線ネットワーク環境に接続してお使いの場合に表示されます。

  • [個別設定]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報を設定します。
    [SSID]:アクセスポイントのSSIDを入力します(半角32文字以内)。
    [認証・暗号化アルゴリズム]:認証または暗号化に使用するアルゴリズムを選びます(初期値:[認証・暗号化なし])。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]を選んだ場合は、[WEPキー入力方式]と[WEPキー]を設定します。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]、[認証・暗号化なし]以外のアルゴリズムを選んだ場合は、[パスフレーズ入力方式]と[パスフレーズ]を設定します。

[ネットワークI/F構成]が[無線のみ]に設定されている場合は、本機の無線設定の設定値を適用してペアリングを行うため、この設定は表示されません。

[タッチ連携アプリ設定]

Android端末を本機のモバイルタッチエリアにかざしたとき、優先して起動するアプリを選びます(初期値:[Konica Minolta Mobile Print])。

本機のネットワーク情報をQRコードとして本機の画面に表示するには([簡単接続設定])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [環境設定]
        • [システム連携設定]
          • [モバイル連携設定]

モバイル端末との連携に関する設定をします。

設定

説明

[簡単接続設定]

モバイル端末と連携するための機能を設定します。

  • [QRコード表示設定]:本機の無線接続情報をQRコードで表示する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [NFC使用設定]:NFCを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [Bluetooth LE使用設定]:Bluetooth LEを使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

[無線接続使用設定]

モバイル端末から本機に無線接続するための設定をします。[簡単接続設定]で[QRコード表示設定]、[NFC使用設定]のいずれかを使用する場合に設定できます。

  • [無線接続使用設定]:モバイル端末から本機に無線接続する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [無線接続方法]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報の設定方法を選びます(初期値:[本体無線設定に従う])。
    この設定は、本機を無線ネットワーク環境に接続してお使いの場合に表示されます。

  • [個別設定]:モバイル端末から本機に無線接続するために必要な情報を設定します。
    [SSID]:アクセスポイントのSSIDを入力します(半角32文字以内)。
    [認証・暗号化アルゴリズム]:認証または暗号化に使用するアルゴリズムを選びます(初期値:[認証・暗号化なし])。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]を選んだ場合は、[WEPキー入力方式]と[WEPキー]を設定します。
    [認証・暗号化アルゴリズム]で[WEP]、[認証・暗号化なし]以外のアルゴリズムを選んだ場合は、[パスフレーズ入力方式]と[パスフレーズ]を設定します。

[ネットワークI/F構成]が[無線のみ]に設定されている場合は、本機の無線設定の設定値を適用してペアリングを行うため、この設定は表示されません。

[タッチ連携アプリ設定]

Android端末を本機のモバイルタッチエリアにかざしたとき、優先して起動するアプリを選びます(初期値:[Konica Minolta Mobile Print])。

クラウドサービスと連携するための設定をするには([クラウド連携])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [環境設定]
        • [クラウド連携]

コニカミノルタが提供するクラウドサービスと連携するための設定をします。

設定

説明

[クラウド接続設定]

こちら

[クラウドセットアップ]

こちら

[クラウド接続情報クリア]

こちら

  • クラウドサービスと連携するには、設定ファイルを別途作成し、USBメモリーを使用して本機にインポートする必要があります。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。