ホーム機能 / 設定キーの説明基本設定

基本設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーティリティ]
      • [プリンター設定]
        • [基本設定]

本機の印刷設定の初期値を設定します。プリンタードライバーから指定がない場合は、この設定に従って動作します。

設定

説明

[PDL設定]

ページ記述言語(Page Description Language)を選びます(初期値:[自動])。[自動]を選ぶと、PCLとPSを自動で切換えます。

[画質設定]

原稿に合わせて画質設定のモードを選びます(初期値:[文書])。

  • [文書/写真]:文字、グラフ、図形、写真などが混在した原稿に適した画質設定にします。

  • [文書]:文字が多い原稿に適した画質設定にします。

  • [写真]:イメージ品質を優先した画質設定にします。

  • [CAD]:細線で構成される原稿に適した画質設定にします。イメージを高解像度で再現します。

[エッジ強調]

画像のエッジ部分を強調するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

小さい文字や薄い文字をくっきりさせたいとき、表文字、グラフィックなど、画像のエッジ部分を強調して、読みやすくします。

[給紙トレイ]

給紙トレイを指定します(初期値:[自動])。

[両面印刷]

複数ページのデータを印刷するときに、用紙の両面に印刷するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

[開き方向/とじ方向]

両面印刷するときの、とじ方向を選びます(初期値:[左開き/とじ])。

[印刷部数]

印刷部数を入力します(初期値:[1]部)。

[用紙サイズ]

印刷する用紙のサイズを選びます(初期値:[A4])。

[用紙種類]

印刷する用紙の種類を選びます(初期値:[指定なし])。

[画像の向き]

印刷する画像の向きを選びます(初期値:[ポートレート])。

[スプール設定]

印刷ジョブを実行中に次の印刷ジョブを受信した場合に、ストレージに次のジョブを保存する場合は、[する]を選びます(初期値:[する])。

[バナーシート設定]

印刷データの送信者や表題などを記載したバナーページ(表紙)を印刷するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

[バナーシート給紙トレイ]

バナーページ(表紙)を印刷するときに使う給紙トレイを選びます(初期値:[自動])。

[用紙サイズ変換]

[用紙サイズ]で指定した用紙が給紙トレイにセットされていない場合に、近いサイズの用紙に印刷するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

通常は[しない]を選んでください。[する]を選ぶと、A4とLetterを自動で変換するため、画像が欠損することがあります。

[開き方向/とじ方向補正]

両面印刷するときの、とじ位置の補正のしかたを選びます(初期値:[仕上げ優先])。

  • [仕上げ優先]:すべてのページを受信してからとじ位置を補正し、印刷を開始します。

  • [生産性優先]:1ページを受信すると同時にとじ位置を補正し、印刷を開始します。

  • [補正を抑制]:とじ位置の補正を行わずに、プリンタードライバーからの指定に従って印刷します。

[線幅補正(600dpi)]

600 dpiの解像度で印刷するときの、文字や線の幅の補正のしかたを選びます(初期値:[普通])。

  • [細め]:文字や線を細めに描画します。文字や図形の細部を精巧に再現できます。

  • [やや細め]:文字や線を[細め]と[普通]の中間の太さで描画します。

  • [普通]:文字や線を中間の太さで描画します。

  • [やや太め]:文字や線を[普通]と[太め]の中間の太さで描画します。

  • [太め]:文字や線を太めに描画します。文字や図形をくっきりと再現します。

[線幅補正(1200dpi)]

1200 dpiの解像度で印刷するときの、文字や線の幅の補正のしかたを選びます(初期値:[普通])。

  • [細め]:文字や線を細めに描画します。文字や図形の細部を精巧に再現できます。

  • [やや細め]:文字や線を[細め]と[普通]の中間の太さで描画します。

  • [普通]:文字や線を中間の太さで描画します。

  • [やや太め]:文字や線を[普通]と[太め]の中間の太さで描画します。

  • [太め]:文字や線を太めに描画します。文字や図形をくっきりと再現します。

[グレー背景線幅補正]

文字の線の背景がグレーのときに、線幅が太く見えるのを抑止するかどうかを選びます(初期値:[する])。

[する]を選ぶと、グレー部分の文字や線を、グレー以外の部分と同じ太さに見えるように補正します。

[小さめ印刷]

PDF、PPML、OOXML(docx、xlsx、pptx)ファイルをダイレクト印刷するときに、ページ全体を少し縮小して印刷するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

原稿の端の画像が欠けないように印刷したいときに設定します。

[OOXML印刷モード]

OOXML(docx、xlsx、pptx)ファイルをダイレクト印刷するときに、画質を優先するか、速度を優先するかを選びます(初期値:[速度優先])。

[光沢モード]

画像に光沢をつけて印刷するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

[トナー節約]

印刷濃度を抑えることでトナー消費量を節約するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

[受信印刷出力]

プリントの受信データの印刷を開始するタイミングを選びます。

  • [プリンター]:プリントの受信データの印刷を開始するタイミングを選びます(初期値:[同時印刷])。
    [一括印刷]:すべてのページを受信してから印刷を開始します。
    [同時印刷]:最初のページを受信すると同時に印刷を開始します。

  • 以下の設定は、[ユーザー開放レベル](こちら)で、ユーザーに設定変更が開放されている場合に表示されます。
    [受信印刷出力]