ホーム拡張機能本機の認証設定をする

本機の認証設定をする

ここでは、認証方式を[本体装置認証]に設定する場合を例に説明します。

  1. [設定メニュー]-[管理者]-[ユーザー認証/部門管理]-[認証方式]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [ユーザー認証]

    本体装置認証を導入するときは、[本体装置認証]を選びます。

  2. [設定メニュー]-[ICカード認証]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [ICカードタイプ設定]

    ICカードの種類ごとに、使用を許可するかどうかを選びます。

    • [認証先の割り当て]で、認証先を指定します。認証先として、[LDAP-ICカード認証設定]で設定した認証サーバーグループ、または本体装置を選ぶことができます。認証先は3つまで指定でき、それぞれの認証先に対して並行してユーザー情報の検索を行います。
      [認証先の割り当て]は、[認証方式]-[ユーザー認証]で[外部サーバー認証]または[本体装置+外部サーバー認証]を選択し、ICカードの種類がFeliCa、TypeA、MIFARE(PID)、NFC(HCE)の場合に設定します。認証先として本体装置を指定できるのは、[認証方式]-[ユーザー認証]で[本体装置+外部サーバー認証]を選んだ場合のみです。

    • [SSFC]を使用する場合は、会社識別コードや会社コードなどの詳細情報を登録できます。

    • [FCF]を使用する場合は、所属コードを登録できます。

    • [FCF(キャンパス)]を使用する場合は、学校識別コードを登録できます。

    • [MIFARE(PID)]を使用する場合は、鍵コードなどの詳細情報を登録します。

    [動作設定]

    本機へのログインのしかたを選びます(初期値:[ICカード認証])。

    • [ICカード認証]:ICカードをかざすだけでログインします。

    • [ICカード認証+パスワード認証]:ICカードをかざして、パスワードを入力することでログインします。

    • [ICカード認証+PINコード認証]:ICカードをかざして、PINコードを入力することでログインします。VLANを設定している場合に表示されます。

    [認証カードIDの通知]

    カウンター情報の収集時にカードIDを通知する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • 認証カードを使ってLDAPサーバーで認証する(LDAP-ICカード認証)(こちら