ホームWeb設定ツールWebブラウザー機能を使う

Webブラウザー機能を使う

Webブラウザー機能を有効にする

Webブラウザー機能を使うための設定をします。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ネットワーク]-[Webブラウザー設定]-[Webブラウザー設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[Webブラウザー]

Webブラウザー機能を使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • Webブラウザー機能の有効/無効を切換えると、本機が自動的に再起動します。

Webブラウザーでのファイル操作を制限する

Webブラウザーで表示するサイトで、ファイルを操作することを許可するかどうかを設定します。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ネットワーク]-[Webブラウザー設定]-[ファイル操作許可設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[アップロード]

本機からデータをアップロードするかどうかを選びます(初期値:[使用する])。

指定したサイトに限りアップロードできるようにする場合は、[許可URLのみ]を選び、ファイルのアップロードを許可するサイトのURLを入力します(半角256文字以内)。

SSL証明書の検証エラーが発生したときの動作を設定する

接続先のWebサイトでSSL証明書の検証エラーが発生したときの動作を設定します。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ネットワーク]-[Webブラウザー設定]-[SSL証明書の検証エラー設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[Webブラウザー]

WebブラウザーでSSL証明書の検証エラーが発生したときの動作を選択します(初期値:[ポップアップ表示(同一証明書で1回だけ表示する)])。

  • [コンテンツに接続する]:確認メッセージを表示せずに、Webサイトへ接続します。

  • [ポップアップ表示(同一証明書で1回だけ表示する)]:証明書ごとに初回のエラーが発生したときだけ、確認メッセージを表示します。

  • [ポップアップ表示(常に表示する)]:エラーが発生するたびに、確認メッセージを表示します。

  • [コンテンツに接続しない]:エラーが発生したWebサイトへ接続しません。

[OpenAPI・IWSアプリケーション]

OpenAPIアプリケーション、IWSアプリケーションでSSL証明書の検証エラーが発生したときの動作を選びます。

コンテンツ表示の設定をする

Webブラウザーのコンテンツ表示に関する設定をします。

Web Connectionの管理者モードの[環境設定]-[Webブラウザー設定]-[全般]で、次の設定をします。

設定

説明

[ホームページ]

ホームページとして登録するページのURLを入力します。

[スタートアップ]

Webブラウザーを起動したときに表示するページを選びます(初期値:[ホームページ])。

[Webデータ]

本機に保存されているWebデータの削除方法を設定します。

  • [Webデータを全て削除]:本機に保存されているWebデータ(Cookie/Web Storage/Indexed Database)を、すべて削除します。

  • [Webデータを削除するタイミング]:Webデータ(Cookie/Web Storage/Indexed Database)を本機から削除するタイミングを選びます(初期値:[削除する(ログアウト時/タイムアウト時)])。

[認証情報]

本機に保存されている認証情報の削除方法を設定します。

  • [認証情報を全て削除]:本機に保存されている認証情報を、すべて削除します。

  • [認証情報を削除するタイミング]:認証情報を本機から削除するタイミングを選びます(初期値:[削除する(ログアウト時/タイムアウト時)])。

[フォント]

フォント指定のないコンテンツを表示するときに使うフォントを選びます。

ブックマークを管理する

ブックマークの追加や編集を行います。変更した内容を本機に反映するには、[装置に書込み]をクリックする必要があります。

Web Connectionの管理者モードの[環境設定]-[Webブラウザー設定]-[ブックマーク]で、次の設定をします。

設定

説明

[新規登録]

ブックマークをリストに追加します。登録番号を指定して、タイトルとURLを入力します。

[全て削除]

ブックマークをすべてリストから削除します。

[編集]

ブックマークの登録内容を変更します。

[削除]

ブックマークをリストから削除します。

[装置に書込み]

リストで追加、編集、削除した内容を本機に反映します。

[元に戻す]

リストの変更内容を元に戻します。

履歴を管理する

Webブラウザーの履歴を削除します。変更した内容を本機に反映するには、[装置に書込み]をクリックする必要があります。

Web Connectionの管理者モードの[環境設定]-[Webブラウザー設定]-[履歴]で、次の設定をします。

設定

説明

[全て削除]

履歴をすべてリストから削除します。

[番号から検索]

登録番号の範囲を選んで[Go]をクリックすると、リストに表示される項目が切替ります。

[削除]

履歴をリストから削除します。

[装置に書込み]

リストで削除した内容を本機に反映します。

[元に戻す]

リストの変更内容を元に戻します。

Webブラウザーの動作を設定する

Webブラウザーの動作に関する設定をします。

Web Connectionの管理者モードの[環境設定]-[Webブラウザー設定]-[詳細設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[キャッシュ]

Webブラウザーのキャッシュ機能の設定をします。

  • [キャッシュを利用する]:キャッシュ機能を使うときは、[利用する]を選びます(初期値:[利用する])。

  • [キャッシュを削除]:本機に保存されているキャッシュデータを、すべて削除します。

  • [キャッシュを削除するタイミング]:キャッシュデータを削除するタイミングを選びます(初期値:[削除しない])。

[Webデータ]

[Storageを有効にする]:Web Storageを使うときは、[有効]を選びます(初期値:[有効])。

[JavaScript]

[JavaScriptを有効にする]:ページに埋込まれているJavaScriptを有効にするときは、[有効]を選びます(初期値:[有効])。

[動画プレイヤー]

[動画を再生する]:ページに埋込まれている動画コンテンツを再生できるようにするには、[する]を選びます(初期値:[する])。

[ソフトウェアキーボード]

[ソフトウェアキーボードを優先して使用する]:本機に外付けキーボードが装着されていても、画面に表示されるキーボードを使って文字を入力するときは、[使用する]を選びます(初期値:[使用しない])。

[プロキシ設定]

プロキシの使用に関する設定をします。

プロキシを使う場合は、プロキシサーバーのアドレスやポート番号を入力します。

プロキシ認証を使用する場合は、プロキシサーバーにログインするためのアカウント名を入力します。

[プロキシを使用しないドメイン]で、プロキシ経由で接続を行わないドメインを指定できます。ドメインのIPアドレスまたはドメイン名を入力します。

[セキュリティー設定]

SSL通信に関する設定をします。

  • [使用するSSLバージョン]:最高のセキュリティーレベルと、最低のセキュリティーレベルの、それぞれで使用するSSL/TLSのバージョンを選びます。

  • [SHA1証明書のSSL通信]:SHA-1アルゴリズムで署名された証明書の使用を許可するかどうかを選びます(初期値:[警告を表示して許可する])。[警告を表示して許可する]を選ぶと、SHA-1証明書でSSL通信を行うときに、許可するかどうかを確認するメッセージが表示されます。