ホームWeb設定ツールSNMPで管理する

SNMPで管理する

設定の流れ

SNMP(Simple Network Management Protocol)を使ってネットワーク機器を管理している場合は、ネットワーク経由で、本機の情報の取得や監視ができます。本機は、TCP/IP環境に対応しています。

SNMPのTRAP機能を利用すると、本機に警告が発生したときに、指定したIPアドレスに通知することもできます。

SNMPを使って本機を管理する場合は、次の手順で設定してください。

  1. 本機のネットワーク設定をする(こちら

  2. SNMPの使用設定をする(こちら

SNMPの使用設定をする

SNMP(Simple Network Management Protocol)を使って、本機の情報の取得や監視をするための設定をします。

  1. Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ネットワーク]-[SNMP設定]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [SNMP設定]

    SNMPを有効にする場合は、オンにします(初期値:オン)。

    • [SNMP v1/v2c(IP)]:SNMP v1またはSNMP v2を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

    • [SNMP v3(IP)]:SNMP v3を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

    [UDPポート設定]

    必要に応じて、UDPポート番号を変更します(初期値:[161])。

    [SNMP v1/v2c設定]

    SNMP v1/v2cに関する設定をします。

    • [Read Community Name]:読取り専用のコミュニティー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、15文字以内)(初期値:[public])。

    • [Write Community Name]:読み書きを許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。また、読み書き可能なコミュニティー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、15文字以内)(初期値:[private])。

    [SNMP v3設定]

    SNMP v3に関する設定をします。

    • [Context Name]:コンテキスト名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角63文字以内)。

    • [Discovery User Name]:検出用ユーザーを許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。また、検出用ユーザー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角1文字以上、32文字以内)(初期値:[public])。

    • [Read User Name]:読取り専用のユーザー名を入力します(スペース ¥ ' " #を除く半角32文字以内)(初期値:[initial])。
      [Security Level]:読み書き可能ユーザーの、セキュリティーレベルを選びます(初期値:[auth-password/priv-password])。
      [auth-password]:[Security Level]で[auth-password]または[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読取り専用ユーザーの、認証パスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。
      [priv-password]:[Security Level]で[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読取り専用ユーザーの、プライバシ(暗号)に使うパスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。

    • [Write User Name]:読み書き可能ユーザーのユーザー名を入力します(半角32文字以内)(初期値:[restrict])。
      [Security Level]:読み書き可能ユーザーの、セキュリティーレベルを選びます(初期値:[auth-password/priv-password])。
      [auth-password]:[Security Level]で[auth-password]または[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読み書き可能ユーザーの、認証パスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。
      [priv-password]:[Security Level]で[auth-password/priv-password]を選んだ場合は、読み書き可能ユーザーの、プライバシ(暗号)に使うパスワードを入力します(スペース \ ' " #を除く半角8文字以上、32文字以内)。

    • [暗号化アルゴリズム]:暗号化アルゴリズムを選びます(初期値:[DES])。

    • [認証方式]:認証アルゴリズムを選びます(初期値:[MD5])。

    [TRAP許可設定]

    SNMPのTRAP機能に関する設定をします。

    • [許可設定]:SNMPのTRAP機能を使った本機の状態の通知を許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。

    • [認証失敗時のTRAP設定]:認証失敗時にTRAP送信を行う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

    [管理情報]

    本機の情報を入力します。

    • [装置名称]:本機の名前(MIBのsysName)を入力します(半角255文字以内)。

    • [設置場所]:本機の設定場所(MIBのsysLocation)を入力します(半角255文字以内)。

    • [管理者名]:管理者の名前(MIBのsysContact)を入力します(半角255文字以内)。

  2. SNMPのTRAP機能を使って本機の状態を通知する場合は、Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[メンテナンス]-[状態通知設定]-[IPアドレス]-[編集]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [通知先アドレス]

    通知先のアドレスを入力します(半角253文字以内)。次のいずれかのフォーマットで入力します。
    ホスト名の入力例:「host.example.com」
    IPアドレス(IPv4)の入力例:「192.168.1.1」
    IPアドレス(IPv6)の入力例:「fe80::220:6b.:fe10:2f16」

    [ポート番号]

    必要に応じて、ポート番号を変更します。

    [コミュニティ名]

    コミュニティー名を入力します(半角15文字以内)(初期値:[public])。

    [警告]

    自動通知する項目を選びます。通知したい項目にチェックをつけます。