ホームWeb設定ツール簡単操作でセキュリティーを強化する

簡単操作でセキュリティーを強化する

[簡単セキュリティー設定]には、本機のセキュリティー強度を高めるための設定がまとめられています。本機をより安全にお使いいただくために、設定を変更することをおすすめします。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[セキュリティー]-[簡単セキュリティー設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[簡易IPフィルタリング]

本機にアクセスできる機器をIPアドレス(IPv4/IPv6)で制限できます。アクセスを制限するIPアドレスの範囲は自動で設定されます。

アクセスを制限するIPアドレスの設定方法を選びます(初期値:[IPアドレス連動])。

  • [IPアドレス連動]:IPv4アドレスの場合、本機に設定されているIPv4アドレスと上位3バイトが同一のIPv4アドレスのみアクセスを許可します。
    (例)本機のIPv4アドレスが「192.168.0.134」の場合、アクセスを許可するIPv4アドレスの範囲は以下のとおりです。
    192.168.0.0 ~ 192.168.0.255
    IPv6アドレスの場合、グローバルユニキャストアドレス(2000::/3)のみアクセスを許可します。また、本機に設定されているIPv6アドレスと上位64ビットが同一のIPv6アドレスのみアクセスを許可します。
    (例)本機のIPv6アドレスが「2345:1:2:3:4:5:6:7」の場合、アクセスを許可するIPv6アドレスの範囲は以下のとおりです。
    2345:1:2:3::0 ~ 2345:1:2:3:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF

  • [サブネットマスク連動]:IPv4アドレスの場合、本機に設定されているIPv4アドレスとサブネットマスクを使用し、同じネットワークに属するIPv4アドレスの範囲のみアクセスを許可します。
    サブネットマスクが設定されていない場合、または「0.0.0.0」が設定されている場合は、 本機に設定されているIPv4アドレスと末尾のみが異なるIPv4アドレスのアクセスを許可します。結果として、[IPアドレス連動]と同じ動作になります。
    (例)本機のIPv4アドレスが「192.168.17.134」、サブネットマスクが「255.255.252.0」の場合、アクセスを許可するIPv4アドレスの範囲は以下のとおりです。
    192.168.16.*** ~ 192.168.19.***
    IPv6アドレスの場合、グローバルユニキャストアドレス(2000::/3)のみアクセスを許可します。また、本機に設定されているグローバルIPv6アドレスとPrefixを使用し、フィルタリングを行います。
    Prefixが設定されていない場合、Prefixに64ビットが設定されている場合と同じ動作になります。
    (例)本機のIPv6アドレスが「2345:1:2:3:4:5:6:7」、Prefixが「/64」の場合、アクセスを許可するIPv6アドレスの範囲は以下のとおりです。
    2345:1:2:3::0 ~ 2345:1:2:3:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF

  • [フィルタリングなし]:フィルタリング機能を使いません。

[セキュリティー警告表示設定]

管理者パスワードが初期値から変更されていない場合や、パスワード規約の条件を満たしていない場合に、セキュリティー警告画面を表示する場合は、オンにします(初期値:オン)。

[USB使用設定]

USBポートを使う機能を許可するかどうかを設定します。

  • [文書印刷]:USBメモリーからのファイルの印刷を許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。

  • [PC印刷]:USB接続によるコンピューターからの印刷を許可する場合は、オンにします(初期値:オン)。