ホームWeb設定ツール電源キー/パワーセーブ機能を設定する

電源キー/パワーセーブ機能を設定する

電源キーの使い方や、パワーセーブモードの動作を設定します。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[メンテナンス]-[タイマー設定]-[電源/パワーセーブ設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[低電力設定]

本機を操作しなくなってから、低電力モードに自動的に移行するまでの時間を変更します(初期値:[1]分、設定範囲:[1]~[60]分)。

低電力モードでは、タッチパネルの表示を消して、消費電力を抑えます。

[スリープ設定]

スリープモードに自動的に移行する場合は、[スリープする]をオンにします(初期値:オン)。また、本機を操作しなくなってから、スリープモードに自動的に移行するまでの時間を変更します(初期値:[1]分、設定範囲:[1]~[60]分)。

スリープモードは、低電力モードよりも高い節電効果を得られますが、通常モードへ復帰するまでの時間は、低電力モードから復帰するよりも長くなります。

[スリープ中の消費電力]

スリープモード中の消費電力を抑制するかどうかを選びます(初期値:[強く抑制する])。

  • [強く抑制する]:スリープモード中の消費電力をさらに抑制します。ただし、本体ドアの開閉では、スリープモードから復帰できなくなります。

  • [抑制する]:スリープモード中の消費電力を抑制します。

  • [抑制しない]:[強く抑制する]または[抑制する]に設定していて、ネットワーク接続時の応答が悪いなどのトラブルがあった場合に選びます。

[パワーセーブモード節電切替]

操作パネル電源キーを押したときに切換えるパワーセーブモード(低電力またはスリープ)を選びます(初期値:[低電力])。

[電源キー設定]

操作パネル電源キーを、副電源OFFキーとして使うか、パワーセーブキーとして使うかを選びます(初期値:[パワーセーブ])。

  • [副電源OFF]:電源キーを短く押すと、副電源OFF状態に移行します。長く押すと、副電源OFF状態よりも節電効果の高いErPオートパワーOFF状態(主電源をOFFにしたときに近い状態)に移行します。

  • [パワーセーブ]:電源キーを短く押すと、パワーセーブモードに移行します。長く押すと、副電源OFF状態に移行します。

[パワーセーブ移行]

パワーセーブモード中に、本機がコンピューターからの印刷ジョブを受信したとき、印刷後にパワーセーブモードに切換えるタイミングを選びます(初期値:[即時])。

  • [通常]:[低電力設定]および[スリープ設定]の設定時間で切換えます。

  • [即時]:印刷後にすぐにパワーセーブモードに切換えます。

  • 電源キーで節電状態に切換える(こちら