ホームWeb設定ツール認証情報のない印刷を制限する

認証情報のない印刷を制限する

ユーザー認証/部門管理を導入している場合に、認証情報のないジョブの印刷を許可するかどうかを選びます。

ERP(Enterprise Resource Planning)などの基幹系システムから本機にジョブを直接送信して印刷する場合など、プリンタードライバーで認証情報を付加せずに印刷する場合は、認証情報のないジョブの印刷を許可します。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ユーザー認証/部門管理]-[認証指定なし印刷]で、次の設定をします。

設定

説明

[認証指定なし印刷]

認証情報のないジョブの印刷を許可するかどうかを選びます(初期値:[禁止])。

  • [カラー・ブラック許可]:カラー印刷もモノクロ印刷も許可します。印刷ジョブは、パブリックユーザーのジョブとしてカウントします。

  • [ブラックのみ許可]:モノクロ印刷だけを許可します。カラーの印刷ジョブもモノクロで印刷します。印刷ジョブは、パブリックユーザーのジョブとしてカウントします。

  • [禁止]:印刷を禁止します。[禁止]を解除すると、誰でも印刷できてしまいます。ユーザー管理上またはセキュリティ上の不都合がある場合は、[禁止]を選んでください。

[IP許可設定]

[認証指定なし印刷]で[カラー・ブラック許可]または[ブラックのみ許可]を選んだ場合に、印刷を許可するコンピューターをIPアドレスで制限する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [IPアドレス]:印刷を許可するコンピューターのIPアドレスの範囲を入力します。
    [範囲1]~[範囲5]の入力例:「192.168.1.1 - 192.168.1.10」
    1つのIPアドレスからのアクセスを許可する場合は、片方だけの入力でも設定できます。

  • 認証情報のない印刷を許可すると、パブリックユーザーのジョブとしてカウントします。