ホームWeb設定ツールパブリックユーザーの使用を管理する

パブリックユーザーの使用を管理する

パブリックユーザーが使える機能を制限します。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ユーザー認証/部門管理]-[ユーザー認証設定]-[パブリックユーザー認証設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[機能制限]

パブリックユーザーが使える機能を制限します。

次の機能ごとに許可するかしないかを設定します。

  • [プリンター印字](初期値:[カラー・ブラック許可])

  • [Webブラウザー](初期値:オン)

  • [生体/ICカード情報登録](初期値:オフ)

  • パブリックユーザーが制限された機能を使おうとしたとき、ログイン画面を表示してユーザーを切換えることができます。たとえば、パブリックユーザーのWebブラウザーの使用が制限されている場合、Webブラウザーの使用が許可されている別のユーザーでログインし直すことによって、Webブラウザーを使用することができます。パブリックユーザーが使用を制限されている機能を選択したときにログイン画面を表示する場合は、[ユーザー認証/部門管理]-[制限機能使用時のログイン]で、[制限機能使用時のログイン]をオンにします。