ホームWeb設定ツール使える機能を制限する

使える機能を制限する

ユーザーごとに使える機能を制限する

ユーザー認証を導入すると、ユーザーごとに使える機能を制限できます。

たとえば、ある特定のユーザーは印刷ができるが、その他のユーザーは印刷できない、というような運用ができます。ユーザーの業務内容に応じた設定をすることで、セキュリティ対策とコスト削減を同時に実現できます。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ユーザー認証/ 部門管理]-[ユーザー認証設定]-[ユーザー登録]-[編集]-[機能制限]で、次の設定をします。

機能

説明

[プリンター印字]

プリント機能による印刷を許可するかどうかを選びます(初期値:[カラー・ブラック許可])。

[ブラックのみ許可]を選ぶと、モノクロ印刷だけを許可します。

[Webブラウザー]

Webブラウザー機能の使用を許可するかどうかを選びます(初期値:[全て許可])。Webブラウザー機能が有効の場合に設定できます。

  • [ファイルアップロード]:ファイルのアップロードを許可するかどうかを選びます(初期値:オン)。

[生体/ICカード情報登録]

生体認証情報、ICカード認証情報の登録を許可するかどうかを選びます(初期値:オフ)。

  • 外部の認証サーバーを利用する場合は、1度認証を実施すると、本機にユーザー情報が登録されます。ユーザーが使える機能を制限するときは、本機に登録されたユーザー情報を編集します。

部門ごとに使える機能を制限する

部門管理を導入すると、部門ごとに使える機能を制限できます。

たとえば、ある特定の部門は印刷ができるが、その他の部門は印刷できない、というような運用ができます。部門の業務内容に応じた設定をすることで、セキュリティ対策とコスト削減を同時に実現できます。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ユーザー認証/ 部門管理]-[部門管理設定]-[部門登録]-[編集]-[機能制限]で、次の設定をします。

機能

説明

[プリンター印字]

プリント機能による印刷を許可するかどうかを選びます(初期値:[カラー・ブラック許可])。

[ブラックのみ許可]を選ぶと、モノクロ印刷だけを許可します。

外部サーバー認証のユーザーが使える機能の初期値を設定する

外部の認証サーバーを利用するときの、ユーザーの機能制限の初期値を設定します。

はじめて本機にログインしたユーザーは、ここで設定した内容に従って、使える機能が制限されます。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ユーザー認証/部門管理]-[ユーザー認証設定]-[初期機能制限設定]で、外部の認証サーバーを利用する場合の、機能制限の初期値を設定します。

  • 外部の認証サーバーを利用する場合は、1度認証を実施すると、本機にユーザー情報が登録されます。ユーザーが使える機能を制限するときは、本機に登録されたユーザー情報を編集します。