ホームWeb設定ツールIPP印刷の使用環境を設定する

IPP印刷の使用環境を設定する

設定の流れ

IPP印刷は、IPPプロトコルを使って、ネットワーク経由で印刷する機能です。

HTTPを拡張したIPPを印刷データの転送に使っており、インターネットを経由して、遠隔地のプリンターに印刷することもできます。

IPP印刷を使う場合は、次の手順で設定してください。

  1. 本機のネットワーク設定をする(こちら

  2. IPP印刷の基本設定をする(こちら

  3. お使いの環境に合わせて設定する

IPP印刷の基本設定をする

IPP印刷機能を使うための設定をします。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ネットワーク]-[HTTPサーバー設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[IPP設定]

IPPを有効にする場合は、オンにします(初期値:オン)。

[IPPジョブ許可]

IPP印刷機能を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

[IPP HTTPバージョン設定]

IPP通信で使用するHTTPプロトコルのバージョンを選びます(初期値:[HTTP/1.1])。

  • [HTTP/1.1]:HTTP/1.1のみを使用します。

  • [HTTP/2, HTTP/1.1]:接続先がHTTP/2に対応している場合は、HTTP/2を使用します。それ以外の場合は、HTTP/1.1を使用します。

[オペレーションサポート情報]

IPPによる次の操作を許可するかどうかを選びます。

  • [印刷ジョブ]:印刷ジョブを許可します(初期値:オン)。

  • [有効ジョブ]:有効ジョブの確認を許可します(初期値:オン)。

  • [キャンセルジョブ]:ジョブのキャンセルを許可します(初期値:オン)。

  • [ジョブ属性取得]:ジョブ属性の取得を許可します(初期値:オン)。

  • [ジョブ取得]:ジョブ属性の一覧の取得を許可します(初期値:オン)。

  • [プリンター属性取得]:プリンター属性の取得を許可します(初期値:オン)。

[プリンター関連情報]

必要に応じて、本機のプリンター情報を入力します。

  • [プリンター名]:本機のプリンター名を入力します(半角127文字以内)。

  • [プリンター設置場所]:本機の設置場所を入力します(半角127文字以内)。

  • [プリンター情報]:本機のプリンター情報を入力します(半角127文字以内)。

  • [プリンターURI]:IPPを利用してプリントできるプリンターのURIを表示します。

IPP認証を行う

IPP認証を使うための設定をします。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ネットワーク]-[HTTPサーバー設定]-[IPP認証設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[IPP認証設定]

IPP認証を使う場合は、オンにします(初期値:オン)。

[認証方式]

IPP認証の認証方式を選びます(初期値:[requesting-user-name])。

[ユーザー認証連動]

IPP認証と本機のユーザー認証を連動させる場合は、オンにします(初期値:オフ)。本機でユーザー認証を導入している場合に設定します。

オンにすると、本機の登録ユーザーの認証情報を、IPP認証の認証情報として使います。[認証方式]で[requesting-user-name]を選んだ場合は、オンに設定できません。

[IPP印刷時ユーザー認証情報]

[ユーザー認証連動]で[連動する]を選んだ場合、IPP印刷のジョブを本機で管理するときに、どのログイン情報を使ってユーザー認証するかを選びます([IPP認証情報優先])。

  • [IPP認証情報優先]:IPP認証用のユーザー名とパスワードを使います。

  • [PJL情報優先]:PJLのユーザー名とパスワードを優先し、PJLの記述がないときのみIPP認証用のユーザー名とパスワードを使います。

[ユーザー名]

IPP認証で使用するユーザー名を入力します(:を除く半角20文字以内)。

[認証方式]で、[basic]、[digest-MD5]、[digest-SHA2]のいずれかを選んだ場合に入力します。

[パスワード]

IPP認証で使用するパスワードを入力します(半角20文字以内)。

[認証方式]で、[basic]、[digest-MD5]、[digest-SHA2]のいずれかを選んだ場合に入力します。

[realm]

[認証方式]で[digest-MD5]または[digest-SHA2]を選んだ場合は、ドメイン名(realm)を入力します(半角127文字以内)。

[有効期限]

IPP認証の認証情報の有効期限を入力します(初期値:[5]分)。[0]分に設定すると、認証後に認証情報を破棄します。

SSLで通信する(IPPS)

本機でIPP印刷を行うときに、コンピューターと本機の通信をSSLで暗号化してセキュリティを強化できます。

  1. 本機の証明書を登録し、SSL通信を有効にします(こちら)。

  2. Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[ネットワーク]-[HTTPサーバー設定]-[IPP-SSL設定]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [IPP-SSL設定]

    SSLで通信するかどうかを選びます(初期値:[非SSL通信のみ可])。

    • [非SSL通信のみ可]:非SSL通信だけを許可します。

    • [SSL通信のみ可]:SSL通信だけを許可します。

    • [SSL/非SSL通信可]:SSL通信と非SSL通信の両方を許可します。

WindowsコンピューターでIPPS印刷を行う場合は、次のことを確認してください。

  • IPPSを使って本機で印刷する場合は、次のように本機を指定します。

  • 「https://ホスト名.ドメイン名/ipp」
    ホスト名とドメイン名には、本機の[TCP/IP設定1]で設定した、[DNSホスト名]と[DNSデフォルトドメイン名]を入力します。

  • コンピューター側から、DNSサーバーを使って、本機を名前解決できることを確認してください。あらかじめ、本機をDNSサーバーに登録しておきます。また、コンピューター側でDNSの設定を行ってください。

  • 本機の証明書がCA(認証局)により発行されたものでない場合は、本機の証明書を、コンピューターの[信頼されたルート証明機関]に登録してください。