ホームプリント画像品質タブでできること

[画像品質]タブでできること

[画像品質]タブでは、原稿画質に関する設定ができます。カラーの設定や、イメージの処理、フォントの処理をどのようにするかを設定できます。

お使いのプリンタードライバーによって、設定できることが異なります。

設定

説明

[カラー選択]

印刷する色を選びます。

  • [オートカラー]:原稿の色に合わせてカラーを自動選択して印刷します。

  • [フルカラー](PSのみ):原稿の色に関わらず、フルカラーで印刷します。

  • [グレースケール]:原稿の色に関わらず、モノクロで印刷します。色付き文字や線、図形などが薄く印刷されないようにするときは、[黒で印刷](PCLのみ)にチェックをつけます。

  • [2色カラー(文字優先)](PCLのみ):原稿のグレー部分とカラー部分を、それぞれ指定した色の組合わせで印刷します。文字の見栄えを優先した色再現となります。

  • [2色カラー(写真優先)](PCLのみ):原稿のグレー部分とカラー部分を、それぞれ指定した色の組合わせで印刷します。写真の見栄えを優先した色再現となります。

[画質調整]

原稿に合わせて画質を微調整します。

  • [簡易]:原稿全体の画質を調整します。印刷時に使うカラープロファイルのタイプなどを指定します。

  • [詳細]:原稿の画質を、文字、写真、図/表/グラフの要素ごとに細かく調整します。印刷時に使うカラープロファイルのタイプや適用するプロファイルなどを要素ごとに指定します。

  • PSドライバーをお使いの場合は、[画質調整]でICCプロファイルの管理ができます。詳しくは、こちらをごらんください。

[画質設定]

原稿に合わせて画質設定のモードを選びます。

  • [文書/写真]:文字、グラフ、図形、写真などが混在した原稿に適した画質設定にします。

  • [文書]:文字が多い原稿に適した画質設定にします。

  • [写真]:イメージ品質を優先した画質設定にします。

  • [CAD]:細線で構成される原稿に適した画質設定にします。イメージを高解像度で再現します。

[線幅補正]

文字や線の幅を補正します。通常は本体側に設定されている補正のしかたで補正します。原稿の内容に応じて設定を変更したい場合は、補正のしかたを選びます。

[解像度]

印刷時の解像度を選びます。

  • [600dpi]:600dpiで印刷します。

  • [1200dpi (装置ラスタライズ)]:本機で描画処理して、1200 dpiで印刷します。

※1200 dpi 1200 dpiモードで印刷するときや、普通紙以外の用紙に印刷するときは、印刷速度が低下する場合があります。

[パターン](PCLのみ)

パターンの密度を選びます。

[イメージ圧縮](PCLのみ)

原稿に含まれるイメージデータの圧縮方法を選びます。

  • [標準]:品質を優先します。品質は向上しますが、印刷に時間がかかります。

  • [高圧縮(速度優先)]:速度を優先します。印刷にかかる時間は短縮されますが、印刷の品質は低下します。

  • [高圧縮・画像縮小(速度最優先)]:イメージデータを圧縮および縮小し、速度を最優先します。イメージデータによっては、印刷にかかる時間を[高圧縮(速度優先)]よりも短縮できます。

[自動トラッピング]

版ずれや白抜けを抑えたいときにチェックをつけます。絵柄の周囲に白い隙間が出ないように隣合う色を重ねて印刷します。

[ブラックオーバープリント](PSのみ)

黒い文字や図の周りに発生する白抜けを抑えたいときにチェックをつけます。黒い文字や図形の周囲に白い隙間が出ないように隣合う色に黒を重ねて印刷します。

  • [文字]:黒い文字だけをオーバープリントで印刷します。

  • [文字/図]:黒い文字と図をオーバープリントで印刷します。

[光沢モード]

画像に光沢をつけて印刷するときにチェックをつけます。印刷速度は低下します。

[トナー節約]

トナー消費量を節約したいときにチェックをつけます。印刷濃度を抑えます。

[エッジ強調]

画像のエッジ部分を強調するときに、強調する度合いを選びます。

[フォント設定]

文字の処理方法を指定します。

コンピューターから本機にダウンロードするフォントのタイプを選びます。また、印刷時に、TrueTypeプリンターフォントに置換えるかどうかを指定します。

PCLドライバーをお使いの場合に文字化けが発生するときは、[ダウンロードフォント]で[ビットマップ]を選び、[プリンターフォントを使用する]のチェックをはずすことをおすすめします。