ホームプリントUSB接続でインストールする

USB接続でインストールする

Windows 7/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016をお使いの場合

Windows 7/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016でUSBポートに接続する場合は、プリンタードライバーを先にインストールしてからプラグアンドプレイでプリンタードライバーと本機を関連付けます。

  • Windows 7/8.1/10/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016の場合は、接続したあとにインストールディスクを指定できません。あらかじめプリンタードライバーをインストールしてください。

  • Windows Server 2008の場合は、先にプリンタードライバーをインストールしていない状態でも、引続きプリンタードライバーのインストールディスクを指定してインストールできます。

  • この作業を行うには、コンピューターの管理者権限が必要です。

  1. 本機のプリンタードライバーをインストールします。

    • 詳しくは、こちらをごらんください。

  2. 本機とコンピューターをUSBケーブルで接続します。

  3. 本機の主電源を入れます。

    本機のプリンタードライバーが検索され、印刷の準備が完了します。

    • プリンタードライバーが検索されない場合は、本機を再起動してください。

  4. インストール終了後、インストールしたプリンターアイコンが[デバイスとプリンター]に表示されていることを確認します。

  • プリンタードライバーが正しくインストールされない場合は、[ドライバーの更新...]が必要です。詳しくは、こちらをごらんください。

プリンタードライバーの更新

Windows 7/8.1/10/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016でプリンタードライバーを先にインストールせずに本機を接続した場合、プリンタードライバーが正しく認識されません。この場合は、[ドライバーの更新...]が必要です。

  1. [デバイスとプリンター]を表示します。

    • [デバイスとプリンター]の表示のしかたについては、こちらをごらんください。

  2. [未指定]カテゴリに表示されている本機のデバイス名を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

    • 本機のデバイス名でなく[不明なデバイス(Unknown Device)]と表示されているときは、右クリックでデバイスを削除してから、プリンタードライバーをインストールしてください。

  3. [ハードウェア]タブの[プロパティ]をクリックします。

  4. [全般]タブの[設定の変更]をクリックします。

  5. [ドライバー]タブの[ドライバーの更新...]をクリックします。

  6. ドライバーソフトウェアの検索方法を選ぶ画面で[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]をクリックします。

  7. [参照...]をクリックします。

  8. DVD内の目的のプリンタードライバーが入っているフォルダーを指定し、[OK]をクリックします。

    • 指定するフォルダーは、使用するプリンタードライバー、OS、言語に応じて選んでください。
      選択できるプリンタードライバー:PCLドライバー、PSドライバー

  9. [次へ]をクリックします。

  10. 画面の指示に従って操作します。

  11. [閉じる]をクリックします。

  12. インストール終了後、インストールしたプリンターアイコンが[デバイスとプリンター]ウィンドウに表示されていることを確認します。

  13. DVDをディスクドライブから取出します。
    以上で、プリンタードライバーの更新の完了です。

  • Windows Server 2008でも、[ドライバの更新...]を利用できます。[デバイスマネージャ]で[ほかのデバイス]に表示されている本機の[プロパティ]を開き、[ドライバの更新...]を指定します。
    ([デバイスマネージャ]は、[コンピュータ]を右クリックしてから[プロパティ]をクリックし、表示される[タスク]から選びます。)