インフラストラクチャネットワークとアドホックネットワークの違い

ワイヤレスネットワークは、インフラストラクチャモードまたはアドホックモードのいずれかで動作可能です。

インフラストラクチャ モードでは、ワイヤレスネットワーク上のすべてのデバイスはアクセスポイント(無線ルーター)を介して相互に通信します。

アドホック モードでは、ワイヤレスネットワークアダプターがインストールされているコンピューターが、ワイヤレスプリントサーバーが取付けられている本機と直接通信します。

 

インフラストラクチャ

アドホック

特徴

通信

アクセスポイント経由

デバイス間で直接

セキュリティ

セキュリティオプションの詳細

WEPまたはセキュリティなし

範囲

アクセスポイントの範囲および数で決定

ネットワーク上の個々のデバイスの範囲に制限

速度

通常はより速い

通常はより遅い

すべてのデバイスの要件

各デバイスに固有のIPアドレス

可能

可能

設定されたモード

インフラストラクチャモード

アドホックモード

同じSSID

可能(アクセスポイントを含む)

可能

同じチャネル

可能(アクセスポイントを含む)

可能


ネットワークをインフラストラクチャモードに設定することを推奨します。インフラストラクチャモードでは、以下の利点があります。